fc2ブログ

トヨタ 燃料電池車発売へ 世界初、12月にも

トヨタ 燃料電池車発売へ 世界初、12月にも

2014年6月4日 東京新聞


 トヨタ自動車は水素を使った発電で走り、水しか排出しない燃料電池車(FCV)のセダンを十二月にも発売する。次世代エコカーとして世界の自動車大手がFCV開発を競う中、世界に先駆け市販に踏み切り、新市場を切り開く構えだ。


 発売するFCVは一回重さ五キロの水素補給で五百キロ以上の距離を走行できる。
水素ステーションの整備が進む東京、名古屋、大阪、福岡の四大都市圏で先行して売り出す。かつて一億円以上といわれた価格は一千万円を切る予定。補助金などが受けられれば購入価格はさらに低下する。国や地方自治体、環境問題に関心の高い企業や富裕層の購入を見込む。十二月から車両を生産し、当面、月五十台前後を生産する見通し。


 FCVは、車に積んだ水素と空気中の酸素の化学反応で生じる電気で走る。普及に向けてはインフラ整備が欠かせず、政府や関係業界は来年中に大都市中心に全国百カ所で水素ステーションを整備する計画だ。


 ただ、現状では想定通りに建設が進んでいないため、市販を先行させ政府に整備を促す。日本発売とほぼ同時期に米国や欧州でも売り出す。
http://9oo.jp/nryIJS
トヨタ 燃料電池自動車



ホワイトの太字は他記事へのリンクです。




何気なく凄い記事が。

トヨタ5キロの水素補充で500Km走行可能の燃料電池車発売。
しかもお約束通り「水」しか出さない。
これは凄いんじゃないでしょうか?

水5キロは5リットルですからね。
液体水素なら何リットルなのか知らないが・・・500Kmも走る(笑)

トヨタは以前から2015年からの発売だと言っていたが、前倒ししたんだろう。

アホな自動車評論家が、エンジン開発に力を入れない
日本のメーカーはダメニダ!
韓国にも負けるニダ!

などと言っていたが?

『燃費至上主義の日本、エンジン技術で世界に出遅れ!?』
週刊SPA! 6月8日(日)16時21分配信
>かつて、お釈迦様が悟った“中道”は、苦行や快楽主義に走ることなく、目的にかなった適正な修行方法をとること。何事も程よさが肝心なわけで、それは自動車業界も同様です。燃費至上主義はわが国だけ。
世界では、ほどよくスポーティで燃費がよいダウンサイジングターボが主流に。
今や韓国にすら負けそうな日本のエンジン研究の現状をリポートします!
しかしそれ以前に、日本のエンジン技術には、致命的に遅れている分野がある。
と言うより、日本の3大メーカーのトヨタ、ホンダ、日産は、ハイブリッドや電気自動車に力を集中しすぎたかもしれない。
日本の若い研究者は、「エンジンなんて、そんなのもうすぐ終わる技術っしょ?」と研究したがらないと言うが、ハイブリッドは恐らく世界の主流にはならずに終わり、電気自動車が主流になるのはたぶん20年後。やっぱりクルマはまだ当分エンジンなのだ!

>このエンジン研究の分野で、日本勢が最も遅れているのがディーゼルで、頑張ってるのはマツダくらい。
ガソリンエンジンではダウンサイジングターボが弱く、まだ本命と言えるようなものは作られていない。
 ダウンサイジングターボとは、小さなエンジンに高効率のターボを組み合わせてパワーと燃費を両立させる技術で、この分野ではまず欧州が飛び出し、いつのまにかアメリカにも先を越された。そして世界の自動車エンジンの主流になりつつある。


自分でみんながみんなエコカーを望んでいる訳じゃないと言っておきながら、みんなが ダウンサイジングターボ付のスポーツ車を望んでいるかのように(笑)

まあ自動車評論家など金さえもらえば何でも書く・・・過去には現代車をベタ褒めにした「小沢コージ」だったか?

『自動車評論家・小沢コージ氏 「韓国車ヒュンダイは日本車に追いついてる!」』
去年韓国でヒュンダイに乗ってきた同業者曰く「品質はまだ“完璧には”日本車に追いついてないね」とのことだったが、
追いついてるどころか、別解釈をしている部分すらある。短時間だが驚異の追い上げを裏付けするのに十分なクオリティーだった。
ホンダも日産も抜かれたヒュンダイに日本では乗れない!?


どうも小沢と言う名前は韓国びいきでいけない(笑)
そのあとすぐに英国の専門誌から現代車がボロクソに言われていたのがアレでしたが。

まあこの記事は小沢の「現代車の広告」よりは幾らかましだが。
しかしメーカーの技術者が言う通り・・・いまさらガソリンエンジンかよ(笑)
この20年などと言っているがメーカーは30年先を見据えて開発をしている。
一般家庭でターボ車など欲しがる家庭は無い。

そのうちCO2をまき散らす車は地球上で走れなくなる時代が来る。
日本メーカーはそう言う時代をにらんで「人・物・金」の資源を投入しているのだろう。

薄っぺらな論評はやめた方が良い。



FC2 Blog Ranking

国際政治・外交 ブログランキングへ

『アメブロ』はじめました。

解っていないシナ人・・・韓国人は韓国車に乗るという啓示―中国紙

解っていないシナ人・・・韓国人は韓国車に乗るという啓示―中国紙

XINHUA.JP 3月27日(木)12時39分配信

中国紙・羊城晩報は26日、「韓国人は韓国車に乗るという啓示」と題したコラム記事を掲載した。

【その他の写真】

コラムは「韓国人は自国だけでなく、米国やカナダなどでも絶対多数の人が韓国車に乗っている。他国の車に乗る人は少ない」とし、その理由として「狭隘な愛国主義」を挙げた。韓国のビジネス社会では韓国車に乗っていれば商談が成立しやすいが、日本車に乗っていれば相手にもされない。そのため、ソウルの街は韓国車で溢れている。

一方、中国人が中国車に乗るという夢がかなうまでにはまだ少し距離がありそうだ。1962年、韓国車の生産台数は2000台に満たず、70年代までは輸出もしていなかった。ところが、2011年には生産台数465万8000台、うち輸出は315万2000台で総生産台数の67.6%を占めるまでとなった。

韓国車台頭の答えは、韓国人から大きな支持があったから。庶民はできるだけ韓国車を購入し、政府からも全面的な支援を受けた。メーカー側も研究開発力の向上に余念がない。品質とブランド力を高め、海外市場の開拓に成功。韓国車は品質と価格の両面で優れており、人気も高い。韓国人所有者の「難癖」も韓国産自動車の競争力を高めてくれた。これこそが、韓国がわれわれに与えてくれた最大の啓示である、と記事は締めくくっている。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140327-00000024-xinhua-cn





ホワイトの太字は他記事へのリンクです。




息を吐くように嘘をつくのは韓国人だが・・・。

最近はシナ人もチョーセンクオリティになったらしい。

「サムスンと並ぶ韓国の二大巨頭、ヒュンダイに落日が忍び寄っている?」
>韓国ヒュンダイ自動車グループ(ヒュンダイ)の2013年の韓国国内販売シェアが、6年ぶりに70%台を割り込み68%となった。

>その上、ヒュンダイは昨年、頼みの綱であるアメリカ市場でも伸び悩んだ。韓国工場でのストによる製品の供給不足、12年に発覚した燃費誇大表示によるブランドイメージの悪化、東日本大震災から復活した日本メーカーの攻勢などにより、販売台数こそ前年比増だったものの、シェアを4.6%に落としたのだ。
結局、ヒュンダイの売り上げが好調だったのは中国、南米といった利益率の低い市場ばかり。13年の同社は、業績としては増収にもかかわらず、減益となってしまった。


サムスンが好調なのは中国と南米くらいだ。
中国で売れているからと云ってこんなアホ記事を書くシナ人記者。
やはりキミたちの「世界」と言うのはシナ・チョーセンだけらしい(笑)

外国で日本車に乗っている韓国人は見向きもされない?
それではなぜ韓国でも日本車が乗られている?
2013年度の韓国の輸入車国内販売ではトヨタ・日産・ホンダ合計で10%近いシェアがある。
レクサスブランドを入れると13.4%になる。
輸入車の中で日本車を購入した、13.4%の韓国人は中産階級以上の人たちだろう。
その人たちは韓国では「相手にされない」人達か(笑)
まあ日本を貶めたい一心での嘘だろうな(笑)

そもそも普段は「愛国」を叫んでも、外国に移民した韓国人に韓国に対するロイヤリティなどありはしない。
韓国人の移民が一番多い米国での自動車販売はこんなものだ。

「2013米国自動車販売シェア」

日本車:37.1%(+8.1%)
韓国車: 8.1%(-0.4%)
欧州車: 8.8%(-4.2%)
米国車:45.7%(+9.0%)


それどころか韓国国内でも輸入車がシェアを伸ばしている。
『20代の5人中1人が「輸入車買いたい」』

だいたい日本では在日さえも韓国車になど乗らない。
生活保護を貰いながらでもベンツに乗る(笑)
最近もあったが以前から生活保護の不正受給で逮捕された在日の愛車はベンツと決まっている。
「生活保護 ベンツ」で検索すれば何年も前から同じような事件がある。

日本に上陸した現代自動車は10年で15000台ほどしか売れず日本市場から撤退した。
嘘か本当か、起亜自動車は21年間で1台も売れずに昨年撤退を決めた(笑)
「前代未聞だった現代自の欠陥新型車 雨漏り、燃費水増し…お粗末なクルマづくり」

シナ人クオリティで日本を貶めたいばかりに事実ではない事を(笑)
この記事の「韓国」を「日本」に置き換えるとぴったりくるんじゃないか?
日本で韓国車など乗っていると「変な奴だ」と思われ相手にされない。

>韓国人所有者の「難癖」も韓国産自動車の競争力を高めてくれた。これこそが、韓国がわれわれに与えてくれた最大の啓示である

解ってないね。
難癖にイチイチ対応するのは商売ではない。
韓国メーカーはその分以上を国内販売価格に載せて韓国国民を搾取している。
『「国内用と輸出用で大差」韓国車の実態を知り国民…激怒』

韓国人は「難癖」だろうが、日本人の品質への拘りは世界一だ。
さる有名航空会社のCEOもサービスは日本人を対象に決めると言っている。
日本人が満足すれば世界中の顧客が満足するレベルだそうだ。

キミたちが参考にするのは「難癖」に対応する振りをして、不当に国内価格を上げて売っている韓国メーカーでは無い。
その品質で「うるさい日本人」を平伏させてきた日本のメーカーだ。

「日本人は日本車に乗るという啓示」に変え給え(笑)


FC2 Blog Ranking

国際政治・外交 ブログランキングへ

スノボ女子初メダル!ソチ女子1号!智香「満足」銀の輝き

頑張ってきた甲斐がありましたね・・・スノボ女子初メダル!ソチ女子1号!智香「満足」銀の輝き

スポニチアネックス 2月20日(木)7時1分

◇ソチ五輪スノーボード女子パラレル大回転(2014年2月19日)

 スノーボードの女子パラレル大回転が19日に行われ、4大会連続出場の竹内智香(ともか、30=広島ガス)が銀メダルを獲得した。予選をトップ通過すると決勝トーナメントも順当に勝ち上がり、準決勝はイナ・メシク(23=オーストリア)に勝利。決勝ではパトリツィア・クンマー(26=スイス)に敗れたが、スノーボードの日本女子に初メダルをもたらした。今大会の日本勢は7個目のメダルで、女子では第1号。竹内は22日のパラレル回転で再びメダルを狙う。
http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140220-00000038-spnannex-spo







竹内さん銀メダルおめでとう。

素晴らしい滑りでした。
決勝は惜しかったですね。
1本目にリードしていただけに悔やまれる転倒でした。
4大会連続出場ですか?
頑張ってきた甲斐がありましたね。


残念・・・。

こう言っちゃ悪いが今大会までスノボーに対する注目度は高くなかった。
ハーフパイプで平野君と平岡君が活躍して一気に注目度があがりましたね。

そんな雰囲気に後押しされたんでしょうか?
これまで苦労してきた竹内さんが「銀」メダルを。

物事などこんな物でしょうかね?
良い流れになると、ますます良くなる。
日韓・日中もこう往かないものか?

色んな競技で日本人選手が活躍するのは嬉しい。
特に苦労した人が活躍するのは観ていて感動ものです。

次の試合も頑張ってほしいですね。


国際政治・外交 ブログランキングへ
FC2ランキング

米国の新衝突テスト、現代・起亜自は「優秀」判定ゼロ

米国の新衝突テスト、現代・起亜自は「優秀」判定ゼロ

2013/12/30 08:30朝鮮日報

米国道路安全保険協会(IIHS)が今年から実施している車両衝突テストで、現代自動車と傘下の起亜自動車は1車種も最高等級の「優秀(Good)」判定を受けられなかったことが分かった。IIHSの衝突テスト結果は米国消費者が新車を購買する際に安全性の尺度として用いる指標で、「優秀」「良好(Acceptable)」「普通(Marginal)」「不良(Poor)」の4等級で示される。

(中略)

現代・起亜自は6車種がこのテストを受けたが「優秀」判定は1台もなく、「良好」も現代自の「エラントラ(韓国名:アバンテ)」と起亜自の「オプティマ(韓国名:K5)」だけだった。主力車種の「ソナタ」は「普通」で、競合車種となるホンダの「アコード」(優秀)やトヨタ自動車の「カムリ」(良好)に及ばなかった。
現代自の「ツーソン」と起亜自の「K3」「スポーテージ」はいずれも「不良」と判定された。現代自は「新型『ジェネシス』からはスモールオーバーラップテストに備えて車体の強度を高める」としている。

(以下略)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/30/2013123000537.html






おかしいね?

いつもなら事細かく日本車と比較するのに?
競合車種となる日本車に及ばなかった・・・だけ?
何か隠してるでしょう?
そう思い調べてみたら(笑)

米の新衝突テストのスモールカー部門でホンダ「シビック」が最高評価!
2013年08月12日オートブログ
米国IIHS(道路安全保険協会)が、「スモール・オフセット前面衝突テスト」というフロント部分の1/4だけを衝突させる新しい衝突テストのスモールカー部門の結果を発表した。IIHSは同テストを行った12車種の内の半数6車種を、最高レベルの衝突安全性が備わるとして「トップセーフティピック+」に認定。その中で最も高評価を得たのは、ホンダ「シビック」のセダンだった。
http://p.tl/QluJ


韓国市場では国産車のシェアの低下が止まらない。

韓国市場でシェア低下の現代・起亜車、多様な新車で巻き返し狙う(1)
2013年10月15日14時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
韓国国内での販売減少と品質問題で「危機論」まで出ている現代・起亜車が“多様性”を武器に反撃に出ている。
http://japanese.joins.com/article/130/177130.html

11月には日本車もシェアを下げドイツ車が躍進していた。
そういう時に日本車優秀記事を載せる訳にはいかないかな?
日本はドイツを見習うニダ!

落ちのないエントリでした・・・。



FC2ランキング

国際政治・外交 ブログランキングへ

世界5位の現代・起亜自 日本で不人気の理由は?

世界5位の現代・起亜自 日本で不人気の理由は?

2013/12/06 12:42 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】現代・起亜自動車グループが世界5位の自動車メーカーに成長したにもかかわらず、日本市場での存在感はゼロに等しい。現代自動車は2001年に日本市場に進出したものの業績不振から2010年に撤退。同社の日本への輸出台数も2011年に77台、12年に104台で、日本の輸出車登録台数32万1000台(12年)のうち現代が占める割合はわずか0.03%に過ぎない。

 鞠重鎬(クク・ジュンホ)横浜市立大教授は新著「ひさごの中の日本」(原題)で日本の消費者の特性を分析し、現代車が日本で受け入れられない理由を探った。

 それによると日本で人気がある韓国製品は食品やドラマ、K-POP、化粧品など、数百円から数千円台のものが中心だと指摘。一方で高価格の自動車の場合、消費者はトヨタ自動車など日本車の方が性能や安全面で優れていると考え現代車を購入するのに抵抗感があると分析した。

 在日韓国大使館と韓国企業連合会が2010年に実施した日本市場における韓国製品のイメージ調査でも、日本人は韓国製品が日本製品に比べ低価格だが品質や信頼性が低いと考えていることが浮き彫りになった。「価格が安い」と回答したのは韓国製品が48.7%だったのに対し日本製品は1.3%だったが、「信頼性がある」と回答したのは韓国製品が4.7%だったのに対し日本製品は68.9%に達した。

 鞠教授は「日本市場で数万円台の韓国製品が受け入れられた後、数十万円、数百万円台の現代車の購入に関心を示すだろう」と予想した。

 20年余り日本で生活する鞠教授は日本の大学で財政学や経済学を教えている。同書では韓国人教授の目にうつる日本の姿や日本に対する考えが紹介されている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/06/2013120601597.html





日本で韓国車が売れない理由は?
1、韓国車など乗ってると、近所から変な目で見られるから・・・。
2、韓国車など乗ってると、友人がいなくなるから・・・。
3、韓国車など乗ってると、日本人じゃないと思われるから・・・。
4、韓国車など乗ってると、キット家の中はキムチ臭いと思われるから・・・。
5、韓国車など乗ってると、道を譲ってくれていいかも・・・。



FC2ランキング

国際政治・外交 ブログランキングへ

プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR