fc2ブログ

韓国高速鉄道衝突脱線・・・大邱駅でKTX脱線  京釜線が不通

韓国高速鉄道衝突脱線・・・大邱駅でKTX脱線  京釜線が不通

2013-08-31 14:51:45KBSワールド

京釜線大邱駅で高速鉄道のKTXが脱線し、京釜線は大邱駅を中心にKTXと在来線の双方で運転ができなくなりました。
31日午前7時15分ごろ、釜山発ソウル行きの上りKTX列車が大邱(テグ)駅を通過しようとしたところ、同じ線路に入ってきた各駅停車の在来線ムグンファ号と衝突し双方が脱線し、KTX列車は下り線をふさぎました。
この直後に反対方向の下り線を走ってきたKTX列車が、脱線したKTX列車と衝突しました。
幸いけが人などはありませんでしたが、大邱駅周辺では脱線した列車をもとに戻す作業のため上下線とも不通になり、京釜線は午後になっても列車の運行がすべて中止されました。
衝突した列車の乗客は1000人を超えており、全員が線路に降りて300メートルから400メートル歩いて駅に到着したということです。
コレイル=韓国鉄道公社は、ムグンファ号がKTXと同時に同じ線路に進入した原因を調査しています。
KTX脱線
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=47744&id=Dm




KTXが衝突の上、脱線(笑)

大邱駅だから停車駅なんだろう。
だからスピードを落としていたからけが人は大したことがないようだね。
これが通過駅でスピード出したままなら大参事。
なにせ高速鉄道が駅を通過する速度は凄まじいですから。

これは日本の新幹線・・・安全です。

韓国高速鉄道はトラブルの連続です。
小さな部品の故障は再三ある。
それどころか高速鉄道なのに「逆走」までさせてしまう(笑)

高速鉄道KTXが逆走行、乗客ら不安で震える=韓国メディア
2012/01/05(木) サーチナ
>韓国の高速鉄道(KTX)が2日、停車駅を通過し2.6キロを逆走行する事故が発生していたことが分かった。逆走行について運転手は乗客に十分な説明をしておらず、停車駅に戻るまで10分間、乗客は不安で震えることとなった。複数の韓国メディアが報じた。
>一方、同国では2011年12月にも地下鉄7号線が逆走行している。韓国メディアは、鉄道関係の問題が相次ぎ発生していることから、「鉄道の問題と見ればそれまでだが、韓国社会のネジが緩んでいることにほかならない」と批判。一部メディアは「大韓民国はただいま逆走行中」とのタイトルを使い、皮肉を込めて報じた。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y
=2012&d=0105&f=national_0105_316.shtml


韓国社会のネジが緩んでいるったってね~。
基幹部品のブレーキに偽部品を使用するくらいですからね。
賄賂を貰えば安全性にも目をつぶる習慣の社会です。
そちらから先に何とかした方が良い。

こう言う記事を書きながらも韓国マスコミは「ウリナラのKTXは世界一正確で安全」だと言ってしまうんですね。
しかも各国で発表されている数字をもとに、自分たちで評価して(笑)

韓国では事故の多いKTX、世界では安定性が最高
2012年06月11日11時42分
[ⓒ 中央日報日本語版]
頻繁な事故が話題になっているKTXが、他の国の高速鉄道と比較すると定時運行率や安全性部門で世界最高水準という評価結果が出た韓国メディアが報道した。

報道によると、企画財政部は教授と会計士、経営者など民間専門家で構成された経営評価団に依頼して実施した「2011年度公企業サービスのグローバル競争力評価」の結果をまとめこのように明らかにした。

報告書によると、昨年のKTX定時運行率は99.8%で、国際鉄道連盟(UIC)が定時運行率を把握して発表する6カ国中1位を占めた。台湾が99.2%で2位となり、チェコとイタリアの定時運行率も90%を上回った。フランスの定時運行率は78.2%にとどまった。

100万キロメートル当たりの事故件数を示す高速鉄道事故率も韓国が最も低かった。昨年のKTXの事故率は0.07件で、UICが鉄道事故率を集計して発表する12カ国で最も少なかった。
KTXの事故率は緻密さで知られるドイツの0.137や日本の0.178と比較してもはるかに低い水準だった。
http://japanese.joins.com/article/500/153500.html


そもそも各国で「遅延」や「事故」の定義が違いますからね。
そんなものを集計してウリナラが一番などと言ってみても何の根拠にもならない。

日本の新幹線に言及していますが「定時運行率」には何故か新幹線は入っていなかった記憶がある。
日本の鉄道の定時運行率は厳しいですから。
韓国ネチズンにさえ「日本が入ってないのに何の自慢だ」・・・そう言って馬鹿にされる記事でした。

日本の新幹線の遅延の定義は「1分以上の遅延」
韓国KTXは確か「15分以上」
台湾は「5分以上」
フランスは「13分以上」だったと思います。
もちろんチェコとイタリアの定時運行率もバラバラです。


しかも韓国の数字は意図的に操作されている可能性すらある。

“KTX 定時率 上昇は 虚偽”
2007/10/24 大田日報 NAVER
毎年 運行時間 1-2分ずつ ふやして 時間 調整
鉄道工事が KTX 運行時間を ふやしておいて 定時率を 改善した ように 発表して あるという 主張が 申し立てられた.。
http://j2k.naver.com/j2k.php/japan/http://www.daej
onilbo.com/news/news/newspage_01.asp?pk_no=719863


つまり「定時運行率を操作」するために母数を増やした(笑)
韓国人と言う連中はこういう「嘘」を国民に対しても平気でつくんですね。
まあ2007年の話ですが・・・韓国人が2度とやらないと誰か信じますか(笑)

事故率にしたところで定義が違いますからね。
日本の新幹線の事故率が韓国KTXよりも多いなどと言う戯言を誰が信じますかね(笑)

平成22年度の新幹線の事故率は以下の通り。
運転事故件数(事業者別)
② JR(新幹線)[4社]  
列車百万キロ当たり件数
東日本旅客鉄道 0.03
東海旅客鉄道0.00
西日本旅客鉄道0.00
九州旅客鉄道 0.00
合計 0.01件←←← KTXの7分の1
http://www.mlit.go.jp/common/000172467.pdf


まあKTXを外国に売り込みたい韓国政府機関が適当に集計し韓国を1位にする。
それを政府に忠実な中央日報がヨイショする。
そう言う記事でしょうが日本の新幹線の事故率など国交省の発表を観ればすぐにわかる。
そもそも2011年には中央日報自身が韓国KTXを「事故鉄」と揶揄していたんですが。

KTX事故、今年だけで38件…専門家・市民が緊急提言
2011/7/19 中央日報
 KORAIL(韓国鉄道公社、社長・許准栄)が運営する高速鉄道KTXが開通7年目を迎え‘事故鉄’になっている。
http://japanese.joins.com/article/912/141912.html


韓国のマスコミに記事の整合性を求めるのもどうかと思いますが・・・。

まあ「事故鉄」が事故を起こすのは珍しくはない。
しかしよく死者が出なかったものだ。
日本の新幹線は中越地震で開業以来の脱線を経験しました。
その時にも安全に停止している。
キミ達のKTXより劣る新幹線でさえ死者を出していないからKTXなら当たり前と言えば当たり前か?
しかしケンチャナヨで運行しているといつか和諧号のように・・・。
いえ決して望んでいる訳ではありません。

少なくとも「逆走」や根拠のない数字でホルホルせずに真剣に安全運行に取り組んだ方が良い。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR