fc2ブログ

前倒しを前倒しに・・・韓国の技術で…2020年に月、2030年に火星へ行く

前倒しを前倒しに・・・韓国の技術で…2020年に月、2030年に火星へ行く

2013年11月27日09時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

「2017年までに75トンのエンジンを独自で開発し、性能を検証(試験発射)する。これを基礎に2020年までに韓国型ロケットの開発を終える。同年に月に探査船(軌道線、無人着陸線)を送り、その後、火星(2030年)と小惑星(2040年)探査に乗り出す」。

1月30日の「羅老(ナロ)」打ち上げ成功から10カ月ぶりに「ポスト羅老」の青写真が出てきた。
崔文基(チェ・ムンギ)未来創造科学部長官を委員長とする国家宇宙委員会は26日、第6回会議を開き、宇宙開発中長期計画案と韓国型ロケット開発計画修正案、宇宙技術産業化戦略案を確定、発表した。

この日の発表の核心は、韓国型ロケット(KSLV-2)の開発を当初の計画より1年3カ月操り上げた点だ。
2011年に発表された案では、2018年12月に試験打ち上げを行った後、2020年10月と2021年9月に本体の打ち上げを行うという内容だった。
これを「2017年12月に試験体、2019年12月と2020年6月に本体打ち上げ」に修正したのだ。
同時に発表された宇宙産業育成戦略などはすべて、こうした日程に基づいている。

政府は韓国型ロケットの開発を急ぐことにした理由を「世界宇宙開発競争に先制的に対応するため」と明らかにした。
しかし朴槿恵(パク・クネ)大統領の「早期月探査」公約が決定的な影響を与えたというのが、関係者の共通した意見だ。

当初、月の周囲を回る軌道船は2023年に、月着陸船は2025年に打ち上げる予定だった。
しかし朴大統領が「2020年までに月に太極旗(韓国の国旗)がはためかせる」と約束し、日程が繰り上げられた。

これに先立ち、米国航空宇宙局(NASA)などとの協力で2017年に試験船を送り、2020年に韓国型ロケットで探査船を打ち上げるという政策報告書が出され、今回そのまま計画に反映された。

この過程で月探査船を載せる韓国型ロケットを当初より2、3年操り上げて開発(2018-19年)することが議論された。しかし今回は1年3カ月だけ短縮することで最終決定されたのだ。

これに関し、パク・テハク韓国型発射体開発事業団長は「技術的・予算的な負担を減らすための選択」と述べた。
韓国は「羅老」打ち上げ当時、1段目のロケット(推進力170トン)をまるごとロシアから導入した。
一方、韓国型ロケット1段目は75トンのエンジン4機を一つに束ねて(クラスタリング)製作する。

しかし韓国は現在75トンエンジンやクラスタリングの開発経験がない。
このため燃焼試験などを数え切れないほど繰り返さなければならないが、この期間を2、3年短縮するのは大きな負担となる。
専門家は「設備を大幅増やして同時に試験をすれば不可能ではない」と話す。
しかしこの場合、数千億ウォンの追加予算が必要だ。このため開発期間を少しだけ短縮して開発陣の負担を減らし、追加予算を最小化(政府発表基準1125億ウォン)したのだ。

問題は、月探査は5年繰り上げ、韓国型ロケットの開発は約1年だけ操り上げたため、ロケット開発を終えてすぐに月探査船を打ち上げる状況になったという点だ。
現在の計画通りなら、2020年7月以後6カ月以内に軌道・着陸船を打ち上げなければならない。

専門家らは「非常に挑戦的な目標」という反応だ。
韓国航空大学の張泳根(チャン・ヨングン)教授(航空宇宙機械工学)は「試験・認証にかかる時間を考えれば不可能な計画」と断言した。

一方、国家宇宙委員会に外部専門家として参加したKAIST(韓国科学技術院)の卓民済(タク・ミンジェ)教授(航空宇宙工学)とパク・テハク開発事業団長は「十分に可能」という立場だ。
「発射体と探査船を“2トラック(two-track)”で開発するため時間を短縮できる」という説明だ。

建国大の李昌鎮(イ・チャンジン)教授(航空宇宙情報システム工学)も「羅老の場合、1段目に問題が発生すれば韓国研究陣は接近さえできなかったが、韓国型ロケットはすぐに手を付けることができる」とし「日程を合わせられるだろう」と話した。
http://japanese.joins.com/article/759/178759.html?servcode=300§code=330






また予定が前倒しに(笑)

クネクネ女史に引っ張られての事だろうが大丈夫かな?
ひょっとしたらクネクネ女史は花火の打ち上げくらいに思ってるんじゃないかな(笑)

政府計画=2021年自前のロケット打ち上げ。2025年月探査衛星打ち上げ。
クネクネ =2018年自前のロケット打ち上げ。2020年月探査衛星打ち上げ。
今回前倒=2017年自前のロケット打ち上げ。2020年月探査衛星打ち上げ。


まあ朝鮮的・・・モトイ・・・挑戦的な目標を持つことは大事だ。

しかしバナナのタタキ売りじゃあるまいし発表するたびにロケット打ち上げが前倒しになる。
さらに今回は2030年の火星探査と2040年の小惑星探査が加わった。
あと五回ほど発表を繰り返すとロケットは来年打ち上げになり冥王星探査も加わるかもね(笑)
いえ計画は大事ですから、応援していますよ。

でも喫緊の問題はロケットエンジンの燃焼試験場がない。
それをまず造らないとね。
夢を語るのも大事な事です・・・人間の夢みた事は現実になりますから。
しかしまず足元から固めましょうね。
今のロケット燃焼試験場はこんなもの。
キミ達が一からロケットを造ると下の映像のようなものですから。

>世界宇宙開発競争に先制的に対応するため


先制的にって?
もう十分遅れてませんか?・・・周回遅れ?
国内向けに云った事を外国に配信しちゃいけませんね(笑)
周回遅れなんだから焦らずやった方が良いと思いますがね。

キミ達が勘違いするといけないから云っておくと、月の土地は早いもの勝ちじゃないから。
こんなに急ぐところを観ると早い者勝ちと思っているでしょう?

月その他の天体における国家活動を律する協定
第11条領有の禁止
月はいずれの国家の専有にもならない。月の表面や地下、天然資源は、いかなる国家・機関・団体・個人にも所有されない。
なお、月の天然資源が開発可能となったときは、その開発を律する国際的レジームを設立する。
ウィキより

知らないようだから一応注意しておくね。

でも本当に応援していますよ(キッパリ)


燃えてるんですが(笑)
しかし担当者は勇気がありますね・・・ドッカン~の心配はないのかしら?
「勇気があれば何でもできる!」


FC2ランキング

国際政治・外交 ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

 冬季オリンピックだ、ワールドカップだ、ロケットだ、月だ火星だ…
本当にお忙しで楽しそうですね^^
こんなことばっかり言ってるだけで、一国の大統領が務まるなんて
流石!ファンタジーの国なんですね~

No title

今度前倒しすると来年どころじゃないですね すでに行ってきたニダ これが証拠ニダ なんてアフリカの砂漠から拾ってきた石を見せたりして(笑)
動画 見ました。 当分いや1000年無理ですねえ

Re: No title

> こんばんは。
>
>  冬季オリンピックだ、ワールドカップだ、ロケットだ、月だ火星だ…
> 本当にお忙しで楽しそうですね^^
> こんなことばっかり言ってるだけで、一国の大統領が務まるなんて
> 流石!ファンタジーの国なんですね~


こんにちは。

ハイお仕事せずに反日とファンタジーでww
流石に最近は韓国マスコミ、中央日報までが日本と話し合えなどと言いだしましたからね。
心配ですね・・・このまま反日とファンタジーを続けてくれればいいのに。

Re: No title

> 今度前倒しすると来年どころじゃないですね すでに行ってきたニダ これが証拠ニダ なんてアフリカの砂漠から拾ってきた石を見せたりして(笑)
> 動画 見ました。 当分いや1000年無理ですねえ

こんにちは。

燃えてますからねww
プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR