fc2ブログ

中国は日本にとって危険な地域なのか?専門家は「日本は全く変わっていない」―中国メディア

中国は日本にとって危険な地域なのか?専門家は「日本は全く変わっていない」―中国メディア

XINHUA.JP 12月24日(火)6時25分配信

新華網の国際問題に関する討論会「第4回縦論天下」が北京で開かれ、新華社世界問題研究センターの研究員で日本問題が専門の張煥利氏が発言を行い、「安倍晋三政権が掲げるいわゆる“三本の矢”は中国をターゲットにしている」と指摘した。12月22日付け新華網が、以下のようにその発言の主旨を伝えた。

【その他の写真】

政権奪還から1年あまりとなる安倍政権、とりわけ安倍首相本人が中国包囲の外交方針を推し進めており、米国の「アジア回帰」戦略への協力に懸命だ。安倍首相が投資先として最も力を入れたいのは東南アジア。この1年で東南アジア10カ国を訪問し、中国包囲と中国への敵対を扇動している。

戦後の70年を振り返ると、日本の歴代首相のなかで、公然と中国を挑発し、中国に対抗し、世界に向けてアジアのリーダーであることを宣言した者は安倍首相ただ一人である。なぜこのような態度をとるのか?

私は新華社の研究員として毎年何度も日本を訪れているが、そこで出した結論は「日本はまったく変わっていない」ということ。
安倍氏以外の首相が彼のようではなかったかというと、実のところ大体は同じようなものなのである。
我々中国が提唱しているような「中日友好」「善隣」などといったスローガンを日本人は信じていない。
今日のような中日関係では、我々も考え方を変えるべきだ。
中国が官民ともに認識している「持続的な民間交流によって政治の氷を溶かす」ということが日本人にもできるのだろうか?それは知るよしもない。

我々は釣魚島問題を、東中国海防空識別圏の問題をどう考えるのか?中国はこの2つの問題で段階的な勝利を収めている。防空識別圏について理解できないという人もいるが、じっくり真剣に考えて欲しい。防空識別圏を設定したことで、我々はやっと、中日関係における一角を占めることができるのだ。以前のように無意味なスローガンを口にするだけでは、進んでいくことができない。

改革開放から30年あまり。皆さんにある情報を紹介しよう。
米国と日本は中国に駐在させる外交官に、今もなお世界で最も危険な地域への赴任に適応される手当てを支給している。
彼らが考える世界で最も危険な地域には中国が含まれるのだ。

私は日本の外交官に「中国で危険を感じるか?」と聞いたことがある。すると彼は、「実際危険は感じないが、政府はこの規定を変えていない」と答えた。

(編集翻訳 坂下かおる)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131224-00000000-xinhua-cn




何を今頃?

>日本人は中国の云う「善隣・友好」を信じていない。

今頃気が付いたか?
共産党政府の云う「お互いの立場を尊重する」は「中国の立場を尊重せよ」だ。
友好は「中国の機嫌を損ねなければ付き合ってやる」だからな(笑)

>日本政府が考える世界で最も危険な地域には中国が含まれるのだ。

当たり前だろう・・・日本大使館の公用車を襲い国旗を折って奪っていった国は何処だ?
そんな事をする国は聞いたことが無い。

丹羽・中国大使の車襲われる 日本国旗奪われる
2012/8/27 21:56 日経新聞
【北京=島田学】駐中国日本大使館によると、丹羽宇一郎駐中国大使が乗っていた公用車が27日午後、北京市内を移動中に何者かの車に襲われ、その車に乗っていた男に掲げていた日本国旗を持ち去られた。
http://p.tl/ztzA


反日デモで日本車に乗っているだけで所有者が殺された国は何処だ?
日本人が乗っていれば殺されている。
日本企業が焼打ちされても、日本の責任だとうそぶいていた政府は何処の政府だ?

お前ら現実が見えていないのか?
あたかも日本人にとり危険が無いような口ぶりだ(笑)
相変わらずの面の皮の厚さだ・・・。

そんな国は世界中探してもない。
日本人は共産党政府の「甘言」を信じないだけでなく、お前たちシナマスコミも信じない。

PM2.5でも大量に吸ってろ・・・アホ!

FC2ランキング

国際政治・外交 ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR