fc2ブログ

「親中国」カンボジアに変化、日本とも親密な関係に―中国メディア

「親中国」カンボジアに変化、日本とも親密な関係に―中国メディア

XINHUA.JP 12月31日(火)11時15分配信

中国のニュースサイト・BWCHINESE中文網は30日、「『親中』国家の立場はなぜ動揺し始めたのか?」と題した記事を掲載した。

【その他の写真】

記事は、中国は現在、その揺るぎない支持者を探しているが、これと同時に最も頼りになる「親中」国家の中国離れが起きていると指摘。あれほど中国に忠誠を見せていたカンボジアは12月中旬に東京都内で開かれた日本とASEAN首脳との特別会談以降、変化を見せ始めている。

安倍首相は就任から1年以内にASEAN加盟10カ国をすべて訪問し、インドネシア、フィリピン、ミャンマー、カンボジアに対する影響力を大幅に増やしている。

こうした動きは中国と日本のASEANでの影響力をめぐる争いの縮図であると考えられる。カンボジアは現在、中国と日本の利益が衝突する戦場と化しており、その戦いは激しさを増している。こうした闘争は非常に複雑であり、今後どのような方法で争いが展開されるのかに注目が集まっている。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131231-00000002-xinhua-cn







まあミャンマーにも見限られましたからね。

国家版の「知れば知るほど嫌いになる国」じゃないでしょうか?
だいたい中国が取り込もうとするのは最貧国です。
札束で横っ面を張って云いなりにしようとする。

インフラが貧弱な国は外国の投資もおぼつかない。
独裁国など、つい中国に頼ってしまうんですね。

ミャンマーなど政権が変わるとさっさと中国を見限りました。
軍事政権下では中国に頼らざるを得なかったが民主化が進めば日本他の先進国が相手にしてくれる。
なにもジャイアンと付き合わなくても・・・。

象徴は中国のODAで進めていたミッソンダムの中止です。

ミャンマーが巨大ダム計画中止、同国異例の抗議に応え
2011年10月01日
10月1日 AFP】ミャンマーのテイン・セイン(Thein Sein)大統領は9月30日、中国の支援を受けている総工費36億ドル(約2770億円)の巨大ダム計画について、ミャンマーでは珍しい世論の反対に応えて、建設の中止を命じた。
 ミャンマーでは、実質は旧軍事政権の支援を受けながら名目上は民政に移行し、新政権が発足した。北部カチン(Kachin)州のイラワジ(Irrawaddy)川流域に計画されていたミッソン・ダム(Myitsone Dam)に対する反対の声をあげることは、民主活動家や環境運動家らにとって新たな自由の試金石となった。
 政府高官によると、テイン・セイン大統領は首都ネピドー(Naypyidaw)で開かれた議会で、現政権の間はミッソン・ダムの建設を中止すると発表した。同計画は中国のエネルギー大手、中国電力投資集団(China Power Investment)の支援を受けていた。
http://www.afpbb.com/article/politics/2831733/7852578

国民の反対などと言ってますが国家間の条約ですからね~。
たんなるエクスキューズです。
本当はバカバカしい契約だったから。

完成したのちの発電量の90%は中国に送られる。
さらに建設作業員はすべて中国人・・・中国から連れてくる。
2770億円などと言っていますが、ミャンマーに落ちる金など雀の涙。
経済的恩恵もなく、電気は中国に送られミャンマーのインフラ整備には大した貢献もない。
ミャンマーに残るのは大規模な環境破壊だけ。
しかもチャイナクオリティの工事ですからね(笑)
ミッソンダム1  ミッソンダム2
元の風景                  完成予想図

中国は将来の投資に期待を持たせてこんなひどい契約を締結した。
アフリカでは現在進行形で同じことをやっている。

しかし欲をかき過ぎましたね。
結局、狙っていたミャンマーの地下資源もどうなる事やら?
さらに中国にとってミャンマーを失うと言う事は軍事的にも大失敗です。

ミャンマーはベンガル湾、インド洋への出口ですからね。
金にものを言わせて貧乏人を手籠めにしようとすればロクな事は無い(笑)

もう中国の出番は少ないでしょう。
中国の軍事基地も期限が来れば撤退でしょうかね?
まあ中国の事です大金を支払ってでも確保するかもしれませんが。
逵溽匠縺ョ鬥夜」セ繧垣convert_20130527153838
経済的には西側諸国、中でも日本が肩入れし始めましたからね。
安い賃金、中国の6分の1だそうです。
インフラさえ整えば中国から雪崩を打って外国企業が転進してくるでしょう。

カンボジアもミャンマーを観てますからね。
西欧諸国や日本が肩入れする限りミャンマーの未来は明るい。

この21世紀に軍事力にものを言わせて他国を侵略しようとする国。
気に入らなければ中国建国に大きな尽力をしたソ連とさえ戦争をする国。
そんな国と紳士の日本や欧米諸国と秤にかければ結論などすぐ出ます。

結局、日本や西欧諸国が東南アジアに援助すると言う事が文字通り中国離れを加速する。
安倍さんも伊達や酔狂でアジアを歴訪した訳じゃない。
やはり政治は「人」ですね。
民主党政権では、こうは行かない。

今年最後の良いニュースです。

FC2ランキング

国際政治・外交 ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

その通り、いいニュースです。

No title

あの民族がやってきて潤うのは一部の高級幹部だけ それも賄賂で 庶民は置いてけぼり 中国国内見てるとそんな感じじゃないですか?

Re: No title

> その通り、いいニュースです。

あけましておめでとうございます。

今年は安倍さんはさらにASEAN・インドとの外交を強化すると思います。
まあそのたびにシナマスコミは安倍の陰謀は成功しないと書くのでしょうね。
こんな事になってもww

Re: No title

> あの民族がやってきて潤うのは一部の高級幹部だけ それも賄賂で 庶民は置いてけぼり 中国国内見てるとそんな感じじゃないですか?


あけましておめでとうございます。

ミャンマーの要人も相当賄賂で潤ったと思いますよ。
でも中止にされちゃったww
勝者はシナとミャンマーの要人・・・懐が潤ったw
プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR