スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウリナラマンセー・・・無人ティルトローター機はウリナラが世界一ニダ

ウリナラマンセー・・・無人ティルトローター機はウリナラが世界一ニダ

2014/06/04 朝鮮日報

1981年、米国ユタ州の米軍ダグウェイ試験場で、無人航空機「アルバトロス」が試験飛行を行った。
イスラエル移民のエイブラハム・カレムが、ロサンゼルスにある自宅のガレージで作った重さ90キロの無人機だ。
この無人機は56時間も空中にとどまっていた。
ベトナム戦争当時、米軍の偵察用無人機は2時間しか飛ぶことができなかった。
米軍はカレムに軍用無人機の開発を任せた。
後に攻撃用無人機の代表格となる「プレデター」は、カレムの技術を基にして誕生した。


 韓国の無人機技術は、米国・イスラエル・英国・フランスに次いで世界第5位と評価されている。
韓国航空宇宙研究院は2011年、ティルトローター方式の垂直離着陸無人機を世界で初めて開発し、この分野に限っては先頭に立つ米国よりも技術が上だという
ティルトローター方式とは、離着陸時に回転翼を上に向け、通常の飛行時は回転翼を前に向けて飛ぶ技術のこと。
米国は1950年代にティルトローターの技術開発に着手し、2005年にようやくパイロットが乗り込む「V22オスプレイ」を実戦配備した。
これに対し韓国の航空宇宙研究院は、開発着手からわずか10年でティルトローターの無人機を作り出した



 航空宇宙研究院が開発した1トン級の垂直離着陸無人機は、ヘリのように垂直に上昇、下降する。その一方、時速500キロで飛行することもできる。これはヘリの倍以上のスピードだ。衛星通信を利用しなくとも、遠隔操縦センターから半径250キロ以内で活動できる。250キロといえば、ソウルから平壌まで行ける距離だ。重さ15キロ、時速100キロにすぎない北朝鮮の無人機は、韓国の無人機と比べれば「おもちゃ」レベルだといえる


 一昨日、京畿道高陽のKINTEXで開かれた民軍技術協力博覧会を朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が訪れ、韓国製無人機に関心を示したという。1974年に、当時の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領が無人機の開発を指示した、という業界関係者の説明もあった。現在、世界の無人機市場では軍事用が90%以上を占める。1トン級垂直離着陸無人機の価格は、遠隔操縦装置を含め、4機1セットで200億ウォン(約20億円)程度。まだ民間企業が気軽に買える製品ではない。


 インターネットやGPS(衛星利用測位システム)のように現在誰もが使っている技術も、最初は軍事用に開発され、やがて民間に開放されて大きな市場ができた。米国では、既に民間無人機の市場が形成されている。インターネット流通大手のアマゾンは、来年から無人機宅配サービスを始めると発表した。韓国製垂直離着陸無人機は、当面は軍用として推進し、6-7年後に商用化する計画だという。ティルトローター技術を用いた自家用機が登場すれば、マンションの屋上から飛行機で出勤する日が来るかもしれない。軍事用技術の開発は、未来の市場を開く鍵の一つだ。


方顯哲(パン・ヒョンチョル)論説委員

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://9oo.jp/efwDX0





ホワイトの太字は他記事へのリンクです。




韓国人の妄想は尽きるところがない。

>韓国はティルトローター方式の垂直離着陸無人機を世界で初めて開発し
この分野に限っては先頭に立つ米国よりも技術が上だという


まあウリナラマンセーも良いが、五輪と同じニッチなところで「ウリが一番」だと言われてもね(笑)
陸上競技では歯が立たないから「アーチェリーで頑張るニダ」・・・まあ五輪ならそれはそれで良いけど。

しかし言うに事欠いて

>米国は1950年代にティルトローターの技術開発に着手し、2005年にようやくパイロットが乗り込む「V22オスプレイ」を実戦配備した。
>これに対し韓国の航空宇宙研究院は、開発着手からわずか10年でティルトローターの無人機を作り出した。


垂直離着陸機のアイデア自体は1930年代からある。
1950年代に米軍はVTOL戦闘機を開発していたのは確かだ。
記事には関係ないが、その頃キミ達は土人だった。

米国がオスプレイ開発までに半世紀もかかったのは、こう言うものの必要性に疑問を持ち開発を一時期中断していたからだ。
世界各国でもVTOLを開発した。
米国は試行錯誤しティルトウィング機も開発した。
ティルトウィング式のXC-142
ティルトウィング式のXC-142。

しかし事故が相次ぎ他の国はティルト方式による有人機開発を諦めた。
その中でティルトローター方式にこだわり開発に成功したのは米国だけだ。
結局、米国も兵員輸送機に特化した事で制約を無くして行った結果だろう。

キミたちは「この分野」では米国よりも高い技術を持っている?
この分野と言うのは「無人ティルトローター機」と言う事だろう。
韓国 ティルトローター 無人機1
こんなおもちゃのラジコンのような物ですがね。

10年と言う開発期間が長いのか短いのかは知らないが。
キミたちが10年で創れたのは、米国のオスプレイと言うモデルがあったし、無人機と言う人命を考慮しなくともよいアドバンテージがあったからです。
米国が半世紀かかったものをキミ達が10年で造ったように自慢しているが(笑)
用途の違う実戦に耐えうる本物と、おもちゃのラジコンのようなものを同列に比較し「ウリの方が優秀ニダ」と自慢するのはどうかと思うが。

無人機では米国が世界最高の技術を持っている。
そしてティルトローター機でも米国が最高の技術を持っている。
米国がティルトローターの無人機を造らないのは必要を感じないからだ。

世界で初めて作ったという事は「世界一の技術」と同義語ではない。
何でも自慢するのはみっともない。
こんなラジコンなら日本のラジコンマニアなら1年で造るさ(笑)

北朝鮮の無人機は、韓国の無人機と比べれば「おもちゃ」レベルだといえる・・・ですか。
キミ達の機はオスプレイと比べれば「おもちゃ」レベルだ。

おもちゃを造って自慢する奴は韓国人くらいだ。


FC2 Blog Ranking

国際政治・外交 ブログランキングへ

『アメブロ』はじめました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しかしどこにも無事に飛んだとは書いてないですねえ 私の見落としかな?
飛べば多分落ちると思ってるんで(笑)

Re: No title

> しかしどこにも無事に飛んだとは書いてないですねえ 私の見落としかな?
> 飛べば多分落ちると思ってるんで(笑)


こんにちは。

もう何回も落ちてるんじゃないですかww
プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。