スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ 燃料電池車発売へ 世界初、12月にも

トヨタ 燃料電池車発売へ 世界初、12月にも

2014年6月4日 東京新聞


 トヨタ自動車は水素を使った発電で走り、水しか排出しない燃料電池車(FCV)のセダンを十二月にも発売する。次世代エコカーとして世界の自動車大手がFCV開発を競う中、世界に先駆け市販に踏み切り、新市場を切り開く構えだ。


 発売するFCVは一回重さ五キロの水素補給で五百キロ以上の距離を走行できる。
水素ステーションの整備が進む東京、名古屋、大阪、福岡の四大都市圏で先行して売り出す。かつて一億円以上といわれた価格は一千万円を切る予定。補助金などが受けられれば購入価格はさらに低下する。国や地方自治体、環境問題に関心の高い企業や富裕層の購入を見込む。十二月から車両を生産し、当面、月五十台前後を生産する見通し。


 FCVは、車に積んだ水素と空気中の酸素の化学反応で生じる電気で走る。普及に向けてはインフラ整備が欠かせず、政府や関係業界は来年中に大都市中心に全国百カ所で水素ステーションを整備する計画だ。


 ただ、現状では想定通りに建設が進んでいないため、市販を先行させ政府に整備を促す。日本発売とほぼ同時期に米国や欧州でも売り出す。
http://9oo.jp/nryIJS
トヨタ 燃料電池自動車



ホワイトの太字は他記事へのリンクです。




何気なく凄い記事が。

トヨタ5キロの水素補充で500Km走行可能の燃料電池車発売。
しかもお約束通り「水」しか出さない。
これは凄いんじゃないでしょうか?

水5キロは5リットルですからね。
液体水素なら何リットルなのか知らないが・・・500Kmも走る(笑)

トヨタは以前から2015年からの発売だと言っていたが、前倒ししたんだろう。

アホな自動車評論家が、エンジン開発に力を入れない
日本のメーカーはダメニダ!
韓国にも負けるニダ!

などと言っていたが?

『燃費至上主義の日本、エンジン技術で世界に出遅れ!?』
週刊SPA! 6月8日(日)16時21分配信
>かつて、お釈迦様が悟った“中道”は、苦行や快楽主義に走ることなく、目的にかなった適正な修行方法をとること。何事も程よさが肝心なわけで、それは自動車業界も同様です。燃費至上主義はわが国だけ。
世界では、ほどよくスポーティで燃費がよいダウンサイジングターボが主流に。
今や韓国にすら負けそうな日本のエンジン研究の現状をリポートします!
しかしそれ以前に、日本のエンジン技術には、致命的に遅れている分野がある。
と言うより、日本の3大メーカーのトヨタ、ホンダ、日産は、ハイブリッドや電気自動車に力を集中しすぎたかもしれない。
日本の若い研究者は、「エンジンなんて、そんなのもうすぐ終わる技術っしょ?」と研究したがらないと言うが、ハイブリッドは恐らく世界の主流にはならずに終わり、電気自動車が主流になるのはたぶん20年後。やっぱりクルマはまだ当分エンジンなのだ!

>このエンジン研究の分野で、日本勢が最も遅れているのがディーゼルで、頑張ってるのはマツダくらい。
ガソリンエンジンではダウンサイジングターボが弱く、まだ本命と言えるようなものは作られていない。
 ダウンサイジングターボとは、小さなエンジンに高効率のターボを組み合わせてパワーと燃費を両立させる技術で、この分野ではまず欧州が飛び出し、いつのまにかアメリカにも先を越された。そして世界の自動車エンジンの主流になりつつある。


自分でみんながみんなエコカーを望んでいる訳じゃないと言っておきながら、みんなが ダウンサイジングターボ付のスポーツ車を望んでいるかのように(笑)

まあ自動車評論家など金さえもらえば何でも書く・・・過去には現代車をベタ褒めにした「小沢コージ」だったか?

『自動車評論家・小沢コージ氏 「韓国車ヒュンダイは日本車に追いついてる!」』
去年韓国でヒュンダイに乗ってきた同業者曰く「品質はまだ“完璧には”日本車に追いついてないね」とのことだったが、
追いついてるどころか、別解釈をしている部分すらある。短時間だが驚異の追い上げを裏付けするのに十分なクオリティーだった。
ホンダも日産も抜かれたヒュンダイに日本では乗れない!?


どうも小沢と言う名前は韓国びいきでいけない(笑)
そのあとすぐに英国の専門誌から現代車がボロクソに言われていたのがアレでしたが。

まあこの記事は小沢の「現代車の広告」よりは幾らかましだが。
しかしメーカーの技術者が言う通り・・・いまさらガソリンエンジンかよ(笑)
この20年などと言っているがメーカーは30年先を見据えて開発をしている。
一般家庭でターボ車など欲しがる家庭は無い。

そのうちCO2をまき散らす車は地球上で走れなくなる時代が来る。
日本メーカーはそう言う時代をにらんで「人・物・金」の資源を投入しているのだろう。

薄っぺらな論評はやめた方が良い。



FC2 Blog Ranking

国際政治・外交 ブログランキングへ

『アメブロ』はじめました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

月産五〇台というのは作る方としてはあまり魅力無いですけど しかし楽しみですね ぜひ成功してほしいものです。

Re: No title

> 月産五〇台というのは作る方としてはあまり魅力無いですけど しかし楽しみですね ぜひ成功してほしいものです。


こんにちは。

補助金を出してもまだまだ高価ですからね。
プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。