スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵対者への待遇だろう・・・「国家は私たちを裏切った」=韓国

敵対者への待遇だろう・・・「国家は私たちを裏切った」=韓国

2014年06月25日15時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

江原道高城陸軍第22師団で同僚の将兵に銃を乱射して脱営したイム兵長の身柄が23日午後に確保された。
軍当局はイム兵長を治療した後、犯行の動機などを調査する計画だ。
全軍に対する精密診断も近く実施されるという。
今後、犯行の理由が出て、処罰し、責任を取るべき人が責任を取れば、すべてのことが終わるのだろうか。


9年前を振り返ってみよう。
2005年6月19日未明、京畿道漣川非武装地帯内の前方哨所(GP)で似た事件があった。
キム一等兵が手榴弾を投げ、銃を乱射し、8人が死亡した。
当時生き残った兵士は事件関連の調査を受けた後、軍服務を続けたが、ほとんどが外傷後ストレス障害(PTSD)という診断を受け、早期に転役した。
この人たちはどのように過ごしているのだろうか。

「漣川GP銃乱射事件の生存者研究」。
2011年に中央大医大臨床心理室に勤務したキム・ミンギョン博士が韓国心理学会誌に寄稿した論文だ。
2009年6月から8月まで生存者19人を対象にアンケート調査と個別面談をした結果だった。

「6月になると悪夢が繰り返される、銃声が鳴る映画を見ることができない、生臭いにおいをかげない」「夜に明かりをつけて睡眠、密閉された空間が怖い、人々が当時の話を尋ねてこないかと思って避けてしまう」 「夜に眠れない、小さな声にも過敏になった、些細なことにも怒りを感じる」。

事件から4年が過ぎても、生存者は苦痛のトンネルに閉じ込められていた。
19人のうち12人から深刻なPTSDの症状が確認された。
事件当時のトラウマ(精神的外傷)のためだけではなかった。
事件直後の1カ月間、昼夜を問わず受けた調査過程が胸の傷を深めた。
「同僚が死亡した状況で疲れたという言葉も言えず、そのまま放置されていた」「左側太ももを銃弾がかすめて負傷したが、調査のために十分に治療できず膿んだ」。

調査後に心を開く同僚さえいない別の部隊に散り、状況はさらに悪化した。
ある生存者は「胸を切り裂いてでもそのつらさを見せたかった」と述べた。キム博士と電話で話した。

--面談をして気の毒に感じた点は。

「生存者が加害者のように調査を受け、2次トラウマを経験した部分だ。軍と国に裏切られたという気持ちと怒り、適時に心理治療を受けられなかった不満などが入り交じっていた」

--軍と国に対する背信感とは。

「国防の義務を遂行中に事故にあったが、きちんと保護や待遇を受けられなかったことに対する不信と怒りだ。親が対策委員会を構成し、精神的治療を求めるまで、特別な措置はなかった」

また現在に戻れば、高城事件の該当部隊員に対する調査が始まったという記事が見える。
傷の大きさに関係なく、目に見えるかどうかに関係なく、彼らは被害者だ。
調査も重要だが、心理的治療が伴わなければならない。
今回も部隊員の心情を配慮しない中で真相調査が進められれば、そして彼らが国に背信感を抱くことになれば、「もう一つのセウォル号」と言わざるをえない。

さらに、いわゆる保護関心(要注意)兵士制度に対する真摯な「関心」が必要だ。
経済的貧困、片親家庭、性的少数者…。
分類基準も問題があるうえ、事件・事故を組織の管理責任でなく個人の逸脱に押しつけるものかもしれない。
保護して関心を持つべき対象なら、それだけ持続的・集中的に相談し、治療するべきではないのか。
今インターネットには「責任逃れ用の制度」「秘密がもれていじめに利用される」「20代の小隊長・中隊長に何が分かると思って分類しているのか」などのコメントが出ている。

突然、息子、兄弟を亡くした遺族の号泣、「健康な息子がなぜこうなったか」というイム兵長の父の絶叫が胸を打つ
外部と断絶した島と変わらない兵営で、若者が抱く葛藤と衝突を管理して解決する責任が軍にある。
国家を信じて息子を軍に預けた親をこれ以上裏切ってはならない。

クォン・ソクチョン論説委員
http://9oo.jp/jvxP25



ホワイトの太字は他記事へのリンクです。



まあ何かあると政府の責任にしたがる国民性ですね。

それだけならまだしも中央日報は、こう言う精神に異常があるような犯人を全て被害者に仕立て上げてしまう。
米国で銃を乱射した韓国系は「もれなく被害者」に仕立て上げた。
曰く・・・いじめの被害者。
曰く・・・米国社会になじめなかった被害者。『【写真】「加害者も犠牲者も極楽往生」』
2007年04月22日13時53分[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
バージニア工科大 韓国人犯人 慰霊 被害者も 加害者も 極楽往生
バージニア工科大で33人を射殺した犯人も被害者として、犯人に殺された犠牲者と一緒に供養した。

今回も「犯人のイム兵長の父の絶叫が胸を打つ」などと。
まあ何でも被害者にしてりゃいいさ。

しかし確かに韓国政府は国民を裏切り続けてきた。
古くは李承晩による裏切り。
『漢江人道橋爆破事件』
李承晩は橋を渡っている4000名の国民もろとも橋を爆破して、自分は逃げた。

やはり李承晩による「済州島四・三事件」
『済州島四・三事件』
済州島でデモを行った住民は確かに左巻だった。
しかしその主張は「南北統一」だった。
それを軍・官憲・民間人が攻撃し6万人を殺した。

同じく李承晩による「保導連盟事件」
『保導連盟事件』
李承晩は共産主義者からの転向者やその家族、ひょっとしたら共産主義者かも知れない国民を20万人殺した。

朴正煕による金日成暗殺要因の「シルミド」事件。
『シルミド(実尾島)暗殺部隊抹殺事件』
朴正煕は金日成暗殺が中止になると用済みになった特殊部隊員たちを抹殺しようとした。

そして今回のセウォル号事件。
確かにこれほど国民を裏切り続けた来た政府もない(笑)

韓国国民は権力者を敵と認識しているようだ。
政府のやる事には何でも文句をつける・・・まあそう言う政府ではあるが。
企業の経営者は「敵」で、会社が傾くほどの要求をする。
韓国政府・企業と韓国国民は何時も敵対関係にあるから仕方ない。

国家の裏切りではなく敵対者への待遇じゃないか(笑)



FC2 Blog Ranking

国際政治・外交 ブログランキングへ

『アメブロ』はじめました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本であの横井庄一さんより10年以上前になりますがやはりグァム島から二人の方が帰ってきました。
帰ってきてすぐ仕事に行ったとか してみると昔の人は精神的に強かったのか 日本全国で何百万の帰還兵がいたでしょうに今まであまり聞いた事無いですね ただ知らなかっただけかな?

Re: No title

> 日本であの横井庄一さんより10年以上前になりますがやはりグァム島から二人の方が帰ってきました。
> 帰ってきてすぐ仕事に行ったとか してみると昔の人は精神的に強かったのか 日本全国で何百万の帰還兵がいたでしょうに今まであまり聞いた事無いですね ただ知らなかっただけかな?


こんにちは。

昔の人は精神力が鍛えられていますからね。
昔の日本の軍隊は今の韓国の軍隊の比じゃないでしょう。
でもやはり耐え切れずに自殺した人もいたでしょうね。
プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。