スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア機、ウ親露派が軍用機と誤認して撃墜か ツイート削除

マレーシア機、ウ親露派が軍用機と誤認して撃墜か ツイート削除

AFP=時事 7月18日(金)11時7分配信

【AFP=時事】(一部更新)ウクライナ東部で17日にマレーシア航空(Malaysia Airlines)機が墜落したと発表される前に、同国からの分離独立を求めている親露派がウクライナ軍の輸送機を撃墜したというコメントを交流サイト(SNS)に投稿したが、後になってそのほとんどを削除していたことが分かった。

【写真特集】墜落現場に散乱する残骸

 親露派は17日午後、ウクライナ軍との戦闘が続く東部の工業地帯上空を飛行中のウクライナ軍機少なくとも1機を撃墜したとの最初の一報を投稿した。

 一方的に独立を宣言している「ドネツク人民共和国(Donetsk People's Republic)」の自称防衛相イーゴリ・ストレルコフ(Igor Strelkov)氏は、ロシアの交流サイト最大手「フコンタクチェ(Vkontakte)」 の自身のページに、「たった今、トレーズ(Torez、ドネツク州の都市)近郊でアントノフ26(An-26)型機を撃墜した」と書き込んでいた。

 ストレルコフ氏はさらに「これが『鳥が落ちた』ことを証明する動画だ」と書き込んだ。同氏のページには、マレーシア航空機についてウクライナのメディアが報道したものと完全に一致する情報へのリンクが掲載された。

 この書き込みは直後に削除されたが、ウクライナ東部の同国軍司令部はこの投稿が表示されたディスプレーの画像を保存しており、英文の報道機関向け発表に添えて公開した。

 ストレルコフ氏のものとされる書き込みでは、同機の撃墜に使用されたミサイルの詳細は明らかにされていない。しかしドネツク人民共和国は、その数時間前にマイクロブログのツイッター(Twitter)の公式アカウントから次のように投稿し、墜落したマレーシア航空機が飛行していた高度1万メートルまで到達可能なロシア製ミサイルを親露派が手に入れていたことを明らかにしていた。

「@dnrpress:DNRは(ウクライナの)地対空ミサイルA1402連隊から自走式ブーク(Buk)地対空ミサイルを奪った」。この投稿も後に削除された。

 ロシアの国営メディアはこれらの書き込みについては言及しておらず、ウクライナ空軍がマレーシア航空機を撃墜したという親露派指導者の発言を伝えている。

■露工作員との通信で悪態

 その後、ウクライナ政府を強く支持している野党系ニュースサイト「ウクライナ・プラウダ(Ukrainska Pravda、ウクライナの真実)」は、撃墜後に親露派のメンバーとロシアの工作員が行った通信を傍受して録音したとされる音声を公開した。

 その中でベース(悪霊)と名乗る親露派メンバーがロシア軍情報機関将校とされる人物に対し、「たった今、飛行機を撃ち落とした」と話していた。また別の録音では、戦闘員らしき人物が飛行機の残骸が残る墜落現場から、「100パーセント間違いなくこれは民間機だ」と報告している。

 この戦闘員は、乗客がたくさん乗っていたかどうかと質問されると、ロシア語で悪態をついたという。
http://urx.nu/afnx



ホワイトの太字は他記事へのリンクです。


どちらが撃墜したか判らないが・・・。

もちろん民間機を撃墜する行為は許されるものではない。
しかし戦闘地域上空を飛んだマレーシア航空にも大きな責任がある。
民間航空会社はあらゆる危険を排除して運行すべきだ。
他にも上空を飛ぶ民間航空会社があるらしい。

しかし安全第一の民間航空会社は、ウクライナの紛争があってからは上空を避けて運行している。

『航空各社、数か月前からウクライナ上空を回避 安全上の懸念で』
AFP=時事 7月18日(金)15時43分配信
【AFP=時事】ウクライナ東部の親ロシア派支配地域上空を飛行中に撃墜されたとみられるマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便は、アジア太平洋地域の航空各社が安全を懸念して数か月前から飛行を避けていた空域を飛んでいた。


あの紛争地域の「竹島上空」を好んで飛んだケンチャナヨ大韓航空機でさえウクライナ上空を避けて運行している。
『外務省、大韓航空の利用を自粛 竹島問題で抗議行動』

僅かな燃料費を惜しみ乗客の危険を省みないマレーシア航空などのような航空会社は利用すべきではない。

ウクライナの親ロシア勢力は国家ではない。
軍事作戦に心得があっても、戦場に民間機を民間機と識別できるシステムがあったかどうか怪しいものだ。
技術的には素人の集団だと思うべきだ。

そんな集団が設定した飛行禁止区域ではないからと云って飛ぶ民間航空会社は愚か以外の何物でもない。
ましてやマレーシア航空機は飛行を許された高度以下を飛んでいたらしい。

オランダ人が百数十人乗っていたらしい。
オランダはウヤムヤでは済まさないだろう。
またややこしい事になる。

マレーシア航空は撃墜犯人と同列で非難されるべきだ。


FC2 Blog Ranking

国際政治・外交 ブログランキングへ

『アメブロ』はじめました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

消してもネットで出回っちゃたしww

それでも、やっぱり消しとかないと(わらい

Re: No title

> 消してもネットで出回っちゃたしww
>
> それでも、やっぱり消しとかないと(わらい



こう言うものは律儀に魚拓を取る連中が必ずいるww

No title

マレ-シア航空 行方不明機についで二機目の事故 たしかにあのケンチャナヨの会社だって避けてる空路
危険がいっぱいだったんですね 乗客にはエイズ研究者もたくさん乗っていたとか 人類にとっても重大な損失です。

Re: No title

> マレ-シア航空 行方不明機についで二機目の事故 たしかにあのケンチャナヨの会社だって避けてる空路
> 危険がいっぱいだったんですね 乗客にはエイズ研究者もたくさん乗っていたとか 人類にとっても重大な損失です。



こんにちは。

そもそもあの上空を民間機が飛んでいるとは思いませんでした。
非常識極まりない。
エイズの研究者は本当に残念ですね。
プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。