fc2ブログ

米国の韓国系ホームレス青年がハーバード大学生に

米国の韓国系ホームレス青年がハーバード大学生に

JUNE 08, 2013 05:28 東亜日報

17歳の時、父親と一緒に米ニューヨークに渡り、ホームレスとなった韓国人の若者が、逆境から立ち直って、全額奨学金をもらってハーバード大に入学する。


米NBC放送やニュース12などは6日(現地時間)、「ホームレスからハーバードへ」というタイトルのニュースで、カン・チャン氏(19)の物語を詳しく伝えた。ニュースデーやロングアイルランドニュースなどの地元のメディアも、数日内に関連記事を掲載すると、カン氏が在学中の高校側は明らかにした。


NBCによると、韓国からニューヨーク・ロングアイルランドに渡ってきた父親が、まもなく、カン氏一人を残して、韓国に戻ったことを受け、彼の逆境は始まった。カン氏はNBCとのインタビューで、「両親が離婚した後、一人に残されたことについて、あまり驚かなかった」と話した。


しかし、住処が無く、借家を転々しなければならなかった。金が底をつき、結局、道端で暮らさざるを得なくなった。英語が上手ではなく、困難はさらに厳しさを増した。そんなカン氏に、救援の手を差し伸べたのは、たまたま、道端で彼を目にしたロングアイルランド・サウスハンティングトン地域のウォルトホイットマン高校の教師だった。


この教師は、学校で経済的に厳しい生徒を支援する「住民支援(ビリーザーサポート)」プログラムを通じて、カン氏の住処を探し、学校に通うことができるよう支援した。唯一の交通手段だった自転車を直してくれたのが、何よりもありがたかったと、カン氏は振り返った。


カン氏は、ハーバード大学への入学が決まったあと、ようやくホームレス生活をしていた事実を打ち明けた。カン氏が通っている高校は、その成功ストーリーをホームページで伝え、「彼は当時、人生を諦めるか、それとも自分の人生を自ら開拓すべきかについて悩んだ末、結局、後者を選んだ」と明らかにした。


カン氏は、音楽に並々ならぬ才能を見せている。ピアノや打楽器をやりこなしている。音楽室が最も気楽な場所だったという。NBCは、「カン氏は、大変なシャイでありながら、学業成績は優れている」と報じた。ウォルトホイットマン高校のある教師は、「アイビーリーグ(米東部の名門大学8校)に全て、願書を出した。ハーバード大学から、4年間全額奨学金を支援するという条件で、合格通知が届き、進学を決めた」と伝えた。学業成績や音楽に人一倍の才能を認めたのだ。カン氏は9月、ハーバード大学に入学し、音楽と数学を専攻する計画だ。
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013060892418




なんだかLiz Murrayさんを彷彿とさせるお話ですね。
まったく同じストリーでハーバードを卒業した。
http://ameblo.jp/cometoknow/entry-11022859622.html
まさかパクリの作り話と言う事もないでしょうがね(笑)
しかし何でもホルホルしたい人達だ。
日本人には出来ない?・・・日本人はホームレスなどせずにハーバードに入るだけ(笑)
まあホルホルするのは良いのですがね。
韓国系ホームレスがいると言う事実に目を向けてはどうかな?
こう言う風に成功するのは天文学的確率。
キミ達が厄介払いで輸出した孤児たちはどうなっているでしょうね?
輸出した孤児は成功した人間しか記事にしないが。
その陰で沢山の養子に出された孤児が犯罪や麻薬に手を染め・・・。


【社説】ハーグ条約加盟だけで“孤児輸出”は減らせない=韓国
2013年05月25日12時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
韓国がついにハーグ国際養子縁組条約に署名した。条約締結から20年目での加盟だが、これを契機に“児童輸出大国”という汚名を持つ韓国が画期的に変わることを期待する。この条約は養子縁組において児童の基本権と利益を最優先に考慮することを原則とする。まず、養子縁組ではなく、親が養育できるようにすることが最善の方法であることを明言している。このため経済的な理由で養育権放棄危機に直面した親に、国が補助金などを支援することとしている。親の養育が難しい場合は、国内での養子縁組が次善策であり、国際養子縁組は最後の手段として講じることを勧め、養子縁組は公開的に行うこととしている。
http://japanese.joins.com/article/012/172012.html


韓国紙「韓国は孤児(特に障害児)・売春婦・捨て犬を輸出する国」
海を渡る捨て犬、韓国ではもらい手なし
2012/12/6 朝鮮日報
忠清南道牙山市にある捨て犬の保護施設。ここで10カ月暮らした捨て犬の「ラス」は来月5日、ドイツにもらわれていく。韓国で引き取り手がいなかったためだ。ラスは大型の雑種犬で、右後ろ足が不自由だ。自分を捨てた飼い主の車を追い掛けようとして交通事故に遭った。施設の運営者、パク・ヒテさん(60)は「ドイツにもらわれていくラスが気の毒だが、捨て犬、特に大型犬や雑種犬を欲しがらない韓国では行き場がない」と語った。
(猫のいる風景さんより転載)
http://tomisia.blog49.fc2.com/blog-entry-2900.html


孤児だけじゃない、捨て犬まで外国に輸出している。
それでもたった一人の成功が自慢でしょうかね?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR