スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の翻訳努力に感謝したまえ・・・【コラム】日本語から来た韓国語の毒から抜け出せるのか

日本人の翻訳努力に感謝したまえ・・・【コラム】日本語から来た韓国語の毒から抜け出せるのか

2014年11月22日12時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

(前段略)

クイズの答えが事実であることを確認するには、最近出たイ・ハンソプ教授の『日本語から来た韓国語辞典』を見ればよい。
著者の数十年間の熱望と努力の産物であるこの辞典は、1880年代以降に日本語から韓国語に入ってきた語彙3600余語が紹介されているが、少し見るだけでも誰もが驚くはずで、言語純潔主義者なら失語症にかかるかもしれない。

我々が自分たちの言葉のように使っている数多くの漢字語が日本語から来たものであるからだ。

言い換えれば、この文章も例文だけでなく、その後に書いた部分、そして今から続く部分も日本語から来た言葉の支配を避けることはできないということだ。
さらに重要なのは、こうした語彙が近代文物とともに入り、我々の生活で核心的な位置を掌握しているという点だ。
我々はその語彙で教育を受けたため、その語彙の磁場から抜け出すのは非常に難しい。

こうした語彙が今では韓国語に溶け込んでいるため、著者も外来語の一部と見なしてよいのではと話す。

この言葉は慎重な現実論のように聞こえるが、別の見方をすれば非常に大きな要求をするものとして受け止めることもできる。
この語彙は西洋出身の外来語とは違い、漢字という殻に覆われているため、特別な努力なしには外来語と認識するのが容易でないからだ(それでこの辞典の役割がなおさら重要に見える)。
逆にこうした語彙が外来語であることを認識するというのは、その言葉が我々の現実や歴史とどこかずれがあるという点をいつも意識するという意味だが、これはいくらでも肯定的な契機として活用することもできる。
また、こうしたずれを意識することが、外来語や訳語、さらには翻訳全体の役割なのかもしれない。

実際、上のクイズの答えはまだ半分しか出ていないが、残り半分は例文に出てきた漢字語の名詞が日本語でも実際に外来語と変わらないということだ。
日本で漢字を利用して西洋語彙を翻訳した言葉だったということだ。
例えば「社会」は英語でいうsocietyを翻訳した言葉で、日本では1870年代後半に定着し、韓国ではわずか20年後の1890年代から使われた。

日本と韓国の差といえば、日本は自国の現実にないsocietyという言葉を表現するために人間交際などさまざまな言葉を100年間ほど実験してみて社会という訳語を得たのに対し、韓国はそのような苦闘の過程なく日本からその言葉を直輸入したということだ。

しかし言葉であっても無料であるわけではなく、漢字という共通道具の便利さはむしろ毒となることもあるだろう。
自分の空いているところに対する自意識なく持ってきておいて、実際に消化できない言葉に悩まされ見当違いする経験が実際どれほど多かったのだろうか。

柳父章の『翻訳語成立事情』は日本で重要な西洋書を翻訳した過程を記録した本だ(例文はこの本で扱った言葉を利用)。
この本を通じて、ある人たちが胸に刻んで死んだりもした言葉が実は日本の翻訳語を輸入したものだという事実を初めて知った時に受けた衝撃が今でも忘れられない。
この本の左側に西洋語彙の歴史を扱ったレイモンド・ウィリアムスの『キーワード』を置き、右側に『日本語から来た韓国語辞典』を置けば、何か流れがつかめる感じもする。
たとえば70年代のある日、丸坊主に黒い制服を着た学生が市内の真ん中で大きく掲げた「韓国的民主主義の土着化」というスローガンを見て感じた空虚と不調和も、その流れの中で少しは解明されるのではないだろうか。

チョン・ヨンモク翻訳家/梨花女子大通訳翻訳大学院教授
http://urx.nu/ep4T







ホワイトの太字は他記事へのリンクです。







アホがまた何か言ってますね(笑)

記事の論調や行間を読めばどうも、

「なじぇウリナラは日本語を使用しなければならないニカ?悔しいニダ・・・」
「しかし日本語なしでは会話が成り立たないし、この記事も書けないニダ」
「仕方ないから我慢するが、ウリナラに大きな要求をすることになる」
「それは反日なのに日本語を使用する屈辱に耐えろと言う我慢を要求する」
「我慢できないから韓国で使用している日本語は、日本語ではなく日本に伝わった外来語と言う事にするニダ
「しかし日本語は漢字でありそのハングル読みだから韓国人には外来語だと認識できないニダ・・・どうすれば?」
「韓国人全員が、ウリは日本語など使っていない・・・日本に伝わった外来語だと言わなければならない」
「アイゴー!そうしなければウリナラの精神的勝利にはならないニダ!
「そうは云ってみてもやはり日本語ニダ・・・」
「日本語の毒から抜け出したいが、方法が見当たらないニダ・・・」


そんな所じゃないでしょうかね(笑)

確かに韓国で使用されている「概念語」は日本も西洋から受け入れたものです。
日本にはなかった概念・・・科学、経済、主義、資本、共産、社会、哲学。
その他にも山のようにある。
例えば「宣言」・・・福沢諭吉は米国の独立宣言文を「独立檄文」と訳したそうだ。
しかし使用していてしっくりこない・・・檄を飛ばすわけじゃないしな~・・・そう考えた人が変更したものが今に伝わっている。
アタシみたいなチャランポランな人間は「決まり事」だから何でも良いと思うが・・・昔の日本人は律儀な事ですな。

明治時代は「大翻訳時代」と云われているそうです。

明治維新で国を開いた日本は、文明開化の時代を迎え西洋の学問を取り入れる必要があった。
自然に取り入れられたわけじゃない。
そう考えて実行に移した「偉い人達」「尊敬に値する人達」が居たと言う事です。
最初にやった事が西洋の文物の翻訳だった訳ですな。

地理、歴史、道徳、宗教、政治、法律、経済、礼儀、医学、心理、論 理、物理、化学、生物、天文などの学問書。
他には『イソップ物語』『八十日間世界一周』『月世界旅行』『ロビンソン漂流記』などの童話や小説。
ジャンルごとに膨大な翻訳を必要とした。
『明治15 年にはすでに「其ノ数幾万巻」の翻訳書が出版されていた』

しかも聞いたこともない言葉が山のように出てくる・・・固有名詞なら適当に名前を付ければ良いが「概念語」にはハタと困った。

『福田 眞人:明治翻訳語のおもしろさ』

「社会・存在・自然・権利・自由・憲法・個人・近代・美・恋愛・彼/彼女・芸術」

たとえば芸術(art)という言葉を考えると、それ以前に使われていた技芸(arts)に思い当たる。
つまり、ある時代まで、恐らくは18 世紀の観念哲学が登場するまで、芸術は芸術ではなかった。
それゆえ、芸術家(artist)は存在せず、職人(artisan)が存在し、それにはパトロン(patron, gallery owner,buyer)がついて、いわば技芸的生産が行われたのである。



福沢諭吉、中村正直や彼らの友人、学生などが日夜集まり喧々諤々と議論した。
それが東京だけではなく、大分県の佐伯市に「訳書周覧の社」つまり翻訳書の読書会が作られていたそうだ。
おそらく日本中の好奇心あふれる英才がアチコチでこう言う事をやっていたんでしょうな。

それで「其ノ数幾万巻」の翻訳書が、と言う事になったんでしょう。

これを纏めて現在の形にした人がいる訳です。
面倒だから調べませんが、てんでバラバラに訳した翻訳書を統一言語にした人が居なければおかしいでしょう。

とまれ、日本の先達は概念語を創り、大変なご苦労の上に外国の言語を日本語に翻訳した。
まあ明治の先達の翻訳熱がDNAとして受け継がれたわけでもないでしょうが、日本ではありとあらゆる学問書や専門書が翻訳されている。
そのおかげで、現在の日本人は特殊な外国の学問書を原語ではなく日本語で読める訳です。

韓国人はそのような本を読むときは英語で書かれたものか日本語で書かれたものを読んでいるらしい。
日本の先達が創った日本語が韓国の発展に貢献した事は間違いない。
大変なご苦労の上に創った言語を、ロイヤリティも支払わずに使用しておいて文句を言う(笑)

まあ韓国人の恩知らずは今に始まった事じゃないですがね。

反日ニダ!日帝残滓ニダ!と言いたいけれど、仕方ないから言えないんですね(笑)
それでこんな記事になる(笑)

いつでも返してもらって構わないんですがね~・・・いや返せ!



FC2 Blog Ranking

国際政治・外交 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

漢字って素晴らしい造語力ですね 先年津和野に行った時 西周なんて人もいることを知りました。哲学者だそうで
哲学も彼が翻訳した言葉だとか まあ漢字を捨てた所であの国の文字文化は終焉ですね。あ いや世界最高の文字ハングルが有りました 文字オリンピック堂々輝く金メダルしかも2連覇 3度めはどうなったのかな?資金不足で裏金に事欠いてる?

Re: No title

> 漢字って素晴らしい造語力ですね 先年津和野に行った時 西周なんて人もいることを知りました。哲学者だそうで
> 哲学も彼が翻訳した言葉だとか まあ漢字を捨てた所であの国の文字文化は終焉ですね。あ いや世界最高の文字ハングルが有りました 文字オリンピック堂々輝く金メダルしかも2連覇 3度めはどうなったのかな?資金不足で裏金に事欠いてる?




こんばんは。

そう言えば3度目は聞きませんね?
いくら韓国人でもバカバカしくなったんじゃないですかw
それとも3度目は他国にしないといけないから、やめた?w

No title

福沢諭吉の凄さを今の時代になって認めた人も多かったのでは?
だってその当時に「脱亜論」を出してるって今の時代をやっぱり
読んでたんでしょうね?

Re: No title

> 福沢諭吉の凄さを今の時代になって認めた人も多かったのでは?
> だってその当時に「脱亜論」を出してるって今の時代をやっぱり
> 読んでたんでしょうね?



こんにちは。

民族性は100年やそこいらじゃ変わらないですからね。
1800年代後半に東アジアの国々を歴訪したシュリーマンも日本人とシナ人の違いに驚いてました。
諭吉翁はそれが解っていて「だめだこりゃ」と思ったんでしょうw
しかし現代人に、シナチョーセン人も話せばわかると思っている連中が多いのが何ともです。
プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。