スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<集団的自衛権>「新事態」で防衛出動…政府が提示

<集団的自衛権>「新事態」で防衛出動…政府が提示

毎日新聞 2015年3月6日

 政府は6日午前、安全保障法制の整備に関する与党協議会で、他国が武力攻撃を受けた場合に集団的自衛権を行使する「新事態」に防衛出動できるよう自衛隊法を改正する方針を示した。
防衛出動は日本が武力攻撃を受けた場合に個別的自衛権を行使する規定で、これを新事態にも適用するとともに、武力攻撃事態法を改正し新事態の規定を創設する。
与党協議会は今月下旬に安保法制整備の考え方を文書にまとめる方針。

 昨年7月の閣議決定には集団的自衛権の行使を限定容認する「新3要件」が明記された。
政府は国会で「我が国が武力攻撃を受けた場合と同様の深刻・重大な被害が及ぶことが明らかな状況」と答弁しており、公明党の北側一雄副代表は協議会で「政府の答弁をしっかり踏まえた法制にしていかねばならない」と強調。
中東・ホルムズ海峡での機雷掃海など日本国民に直接危険の及ばない状況での適用には慎重な考えを改めて示し、法整備で新3要件を厳格に定めるよう求めた。

 武力攻撃事態法の改正では、日本が武力攻撃を受けた「武力攻撃事態」、その危険が高まっている「武力攻撃予測事態」とは別に新事態を定義する。
政府は、有事の際の国の責務や国民の協力などを定めた国民保護法は改正せず、新事態が武力攻撃予測事態に当たれば同法を適用する方針を示した。
http://urx.nu/i9OB





ホワイトの太字は他記事へのリンクです。





それはどうかな?

>他国が武力攻撃を受けた場合に集団的自衛権を行使する

他国とはどういう国を指すのか?
安全保障条約を結んでいる国・・・たとえば米国が直接攻撃を受けた場合なら・・・まだ解るが。
その場合でも9.11のようなテロ行為に対しての、米国の報復にも付き合うのか?
まあ法案の詳細を観なければ解らんが。

ひと悶着あることは間違いない。

石平氏の本を読んだ。
石平氏の言ったことにアタシの考察を交えてみた。

『石平氏・・・安倍政権と従来の政権の違いは「国益重視の外交と安全保障重視」だ。
従来の政権がやらなかった事が「国益重視の外交と安全保障重視の外交」だ。
しかも徹底的に「政府同士の価値観が一致する」国だけを対象にしている』

従来の政権は「とにかく中国とよりを戻したい一心」だった。

第一次安倍政権で首相に就任早々中国を訪問して、関係改善を図ろうとした。
しかし、そういう行為は中国に誤ったメッセージを送ることになった。
それで結局、中国は勘違いをし、日本に対しさらに強気に出てきた。
事態は小泉政権時よりも悪くなった。

その過ちで安倍首相は学習したのだろう。
中国と言う国に甘い対応は事態をさらに悪くするだけだと。
今考えれば2013年末に靖国を参拝したのも、中国に対する強力なメッセージだろう。
「日本が折れ中国政府の主張に迎合することは金輪際ない」

『石平氏・・・中国政府は激怒して見せたが日本に対する有効な手段がなく、結局日本に対する要求のハードルを下げつつある』

安倍政権は発足早々外務大臣の岸田氏を豪州に送った。
安全保障での協力関係強化のためだ。
安倍首相自身は2013年1月早々に、米国でもなく中国でもなく、ましてや韓国などではなく、ベトナム・タイ・インドネシアと言うASEAN3か国を訪問した。
豪州・アジア重視の表れに他ならない。

『石平氏・・・その時の安倍首相のコメントのキーワードは「自由、民主主義、基本的人権等の普遍的価値」だ』

『対ASEAN外交5原則』
1.自由、民主主義、基本的人権等の普遍的価値の定着及び拡大に向けて、ASEAN諸国と共に努力していく。
2.「力」でなく「法」が支配する、自由で開かれた海洋は「公共財」であり、これをASEAN諸国と共に全力で守る。米国のアジア重視を歓迎する。
3.様々な経済連携のネットワークを通じて、モノ、カネ、ヒト、サービスなど貿易及び投資の流れを一層進め、日本経済の再生につなげ、ASEAN諸国と共に繁栄する。


その後の安倍外交はすさまじいばかりだった。

中東、トルコをはじめ東欧を含む欧州、ASEAN諸国は全て訪問し友好関係を確認した。
2013年5月にはアフリカ会議を東京で開催し40か国のアフリカ首脳と友好関係を確認した。
さらに中国と敵対するインドも訪問した。
インドには天皇陛下のご訪問まで実現させ、準同盟関係を築きつつある。

『石平氏・・・中国が日米への対抗手段と考えて取り込もうとしていたロシアまで、日本に取り込みつつある』

ロシアの中国への警戒は国是とも言えるから、安倍首相の試みは成功するだろう。

『石平氏・・・コメントのたびに安倍首相の口から「自由、民主主義、基本的人権等の普遍的価値」と言う言葉が出る。
その言葉通りに受け取れば中国は日本が友好関係を結ぶべき対象には入らない。

結局、石平氏の言う「国益重視の外交と安全保障重視の外交」とは、中国以外の民主国家と友好関係を結び、軍事的には中国包囲網を築くことでしかない。

安倍首相は「将来的にも中国は日本に敵対する」存在ととらえ、外交と国防政策を推進しているのだろう。
つまり安倍政権の打ち出す国防政策はすべて中国を念頭に置いている。

『石平氏・・・経済的にも日本のTPPへの参加で、環太平洋の巨大な経済圏から中国は締め出された。
日本企業の中国から他国へのシフトが加速される』

日中韓FTAなどと言っているが、そこでの合意事項はTPP合意事項にも影響を与えるので慎重にならざるを得ない。

安倍首相の遠大な中国封じ込めが成功すれば、結局中国は西側陣営の軍門に降ることになる。
軍門に降るという言い方が良くなければ「力による外交の過ちに気づく」と言い換えてもいい。
その時初めて日中の友好関係が現実のものとなる。

その遠大な安倍戦略の実現のために、必要な法案であれば反対はしない。

『石平氏・・・マスコミは中韓との首脳会談がなければ、まるで安倍外交が失敗のように記事にする』

しかしアタシは歴代の宰相でこれほど外交的成功を収めた首相は見たことがない。
世界は中韓だけではないのだ。
願わくば「他国」に韓国が入っていないことを願う。

朝鮮半島は日本の生命線ではない。



FC2 Blog Ranking

国際政治・外交 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も安倍外交支持しますよ 中韓が嫌がることをやる コレすなわち国益 どんどん怒らせて頂きたいものです。
そして当然靖国参拝 止めの一撃(笑)

Re: No title

> 私も安倍外交支持しますよ 中韓が嫌がることをやる コレすなわち国益 どんどん怒らせて頂きたいものです。
> そして当然靖国参拝 止めの一撃(笑)


こんばんは。

安倍さんにもいろいろと不満はあるが、まあこれまでの首相の事を考えると上等ですよ。
靖国に往くかもしれませんね。
そのタイミングを計っているんじゃなかろうかと。
シナが文句を言えないタイミングがあるかもね?
プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。