スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「浮気大国」トップ10発表、1位はアジアのあの国=欧州勢も上位に―中国メディア

「浮気大国」トップ10発表、1位はアジアのあの国=欧州勢も上位に―中国メディア

2015年3月31日レコードチャイナ

2015年3月28日、英派旅行网によると、大手コンドームメーカー・デュレックスが10年もの歳月をかけ、世界各国で行った「浮気状況」調査の結果を発表した。多くは男女交際において進んでいるとされる欧州の国々が上位を占めたが、1位はアジアの国だった。

1位はタイで、浮気率は56%だった。タイは歓楽街や性産業が盛んだが、そうした特徴と浮気の多さとの間に直接的な関係があるかどうかは判然としないものの、男尊女卑の傾向が強く、浮気はありふれた現象であり、愛人の多さが男性の社会的地位を示すことも影響しているとみられている。

2位はデンマーク(46%)。首都コペンハーゲンは世界的な性産業都市で、成人向け用品店も少なくない。しかし、浮気をするのは男性よりも女性の方が多いという結果で、ある意味男女の平等さが確保されている。

3位はイタリア(45%)。首相自らも買春を売春婦に暴露されており、“離婚弁護士”の発祥国でもある。作家のジャコモ・カサノヴァは「捕まらなければ不貞にはあたらない」など、男女関係や恋愛について多くの名言・迷言を残している。

以下、4位ドイツ(45%)、5位フランス(43%)、6位ノルウェー(41%)、7位ベルギー(40%)、8位スペイン(39%)、9位英国(36%)、10位フィンランド (36%)だった。
http://urx.nu/j2LY



ホワイトの太字は他記事へのリンクです。




我が日本がランク外なのは残念だ。

この記事を見ると買春まで浮気に含めているようだね?
それじゃまるで「三十国船」だろう。
石松:客人!肝心な国を忘れちゃいませんか・・・。
石松:もう何事も心配しないで。
客人:誰も心配なんぞしちゃいないが。
『韓国政府が売春街の一斉取り締まりへ、男性の半数以上が買春経験あり
Record China 2015年3月31日』

客人:アー!肝心な国を忘れていた!

韓国じゃ男性の半数以上が買春経験がある。

上記の記事では「27.2%が最近1年間に買春していたことがわかった」などと書いているが大嘘ですな。
『韓国男性10人中4人は昨年 買春した
2011.12.03 13:39ハンギョレ』


しかしこの申告には金額ベースで5倍の差がある。
「個人買春年間費用1兆2907億ウォンVS供給者の側面からの推算額6兆6267億ウォン」
すると韓国人男性の半数以上が買春経験があり、4割(本当はそれ以上だろう)が年間20回ほど買春することに(笑)

さらに国内だけでは満足できずに東南アジアでも買春に精を出している。
『韓国“皇帝フィリピン買春ツアー”ブローカーと買春教授ら55人摘発
FOCUS-ASIA.COM 2015年3月31日』


どう考えても韓国人がランク外のはずがない。
「ウリナラは儒教の教えただしく生きるニダ」と言う割にやってる事は(笑)
まあ商売女性に取ればよい国だともいえる。
韓国に売春婦が多いのは韓国女性の貞操観念の問題もあろうが、想像を絶する需要があるからだ(笑)
何しろ韓国じゃ現在でも商取引の接待で買春する。

しかしタイ人男性はお盛んですな。
こちとら自慢じゃないが「見てるだけの人」になってもう久しい。

その元気さが羨ましい・・・。



FC2 Blog Ranking

国際政治・外交 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何でも世界1だ!って言いたいんですから・・・爆
しかし、良い事ではなかなか1位になれなくっても
性犯罪絡みなら世界を取れるかもね?大爆笑

Re: No title

> 何でも世界1だ!って言いたいんですから・・・爆
> しかし、良い事ではなかなか1位になれなくっても
> 性犯罪絡みなら世界を取れるかもね?大爆笑


こんばんは。

なぜ韓国が1位じゃないか理解不能w
韓国人も喜んだろうに・・・。
ソチ五輪のキムヨナのように「もう一度調査するニダ!」と言わないのかな?w
プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。