スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米識者「韓国人の対日観、自信を持って自ら歴史脱却を」・・・日韓基本条約の見直しは理解する

米識者「韓国人の対日観、自信を持って自ら歴史脱却を」・・・日韓基本条約の見直しは理解する

米国の北東アジア専門家3人が見た日米同盟と韓日関係
【インタビュー】スコット・スナイダー氏=米外交問題評議会シニア・フェロー
「韓米75点、日米80点、韓日は良くて40点」

2015/04/30 朝鮮日報

日米が「新蜜月時代」を迎えている。安倍首相の訪米を契機に、日米関係は今までとは次元の異なる段階に進むものと見られている。一方、韓日関係は両国間の歴史認識問題などに阻まれ、突破口を見いだせずにいる。北朝鮮の核問題、日中和解ムードなど急変する情勢の中で、韓日関係も見直しと新たな対策が必要だという声が高まっている。日米の新蜜月関係をどのように見るべきか。また、今の韓日関係はどのように見て、解いていけばいいのか。民間シンクタンク「峨山政策研究院」主催の「峨山プレナム2015」に出席するため訪韓した韓半島(朝鮮半島)専門家スコット・スナイダー米外交問題評議会(CRF)シニア・フェロー、北朝鮮核関連軍事専門家のブルース・ベネット米国ランド研究所上級防衛アナリスト、オバマ政権でアジア政策を立案していたジェームズ・スタインバーグ元米国務副長官の3人にインタビューし、解決策を模索してみた。

【インタビュー】スコット・スナイダー氏=米外交問題評議会シニア・フェロー

「韓日は経済・安保協力に対する期待低下、韓米日は頭打ち」

安倍首相に対する期待高まるほど影響力も大きくなる

 知韓派の代表と言われる韓半島専門家のスコット・スナイダー米外交問題評議会(CRF)シニア・フェロー=写真=は28日の本紙インタビューで、最近の韓国と日本について「韓日関係が悪化、両国の経済・安全保障協力に対する期待値が低くなり、その低くなった天井で韓米日の3国が頭打ちになっている」と言った。

 スナイダー氏は「現在の韓日関係は1998年の金大中(キム・デジュン)・小渕共同宣言以降最悪だ。各国の世論調査に基づき、現在の二国間関係に100点満点で点数を付けるなら、韓米が60-75点、日米が70-80点、韓日は良くて30-40点」と評した。

また、同氏は「日米新蜜月時代は必然だ」とも言った。米国が安保を地域単位で考え、同盟国の役割を強調するリバランス政策を行っていることの自然な帰結だというのだ。「バラク・オバマ米大統領は韓米同盟を『リンチピン(linchpin=車の輪止め)』、日米同盟を『コーナーストーン(cornerstone=礎石)』に例えた。良い外交官はどちらの方が優先かは言わないが、安保を地域単位で考え始めた米国にとって、アジア・太平洋地域の同盟国中、最大の資産は日本だ。韓日の不協和音によりアジア・太平洋地域で米国の利益が制約されているというのが(米国の)見解だ。米国は韓米日同盟だけでなく、日本・オーストラリアとも『三角協力』を強化している」と言った。ただし、「米国は、域内で担ってきた軍事の中核的役割までは日本などの同盟国に渡さないだろう」と一線を画した。

 さらに、同氏は「韓日関係の強化こそ韓米日のすべてに利益をもたらす」とも言った。
それは、分かっていながらも達成困難な歴史認識問題が、損得とは関係なくアイデンティティー問題に発展してしまったからだという。
「韓日関係は接点を見いだすのが難しいだけに、(解決ではなく)『管理』するのが最善だという人もいる。
だが両国には共通の価値観や長年の交流の歴史など『生まれながらにしての同伴者(natural partner)』と言える楽観的な要素がある。
両国関係は破たんには向かわないだろう」とも言った。

 そして、「韓国は独裁などかつての過ちを正し、民主化を成し遂げた同様の論理で50年前に韓国が弱小国だったころに締結した韓日協定も見直してほしい。韓国人が日本に心からの謝罪を要求するのは十分理解できるが、安倍首相に対する期待値が高くなればなるほど、彼の影響力が大きくなるばかりだ。むしろ、韓国人は自信を持って歴史問題から自ら脱することが可能だと判断すべきだ」と述べた。
http://u111u.info/kACK




ホワイトの太字は他記事へのリンクです。



日韓基本条約を見直してほしい気持ちは理解できる?

こいつら米国にそんなことまで泣きついてるのか(笑)
いいぞ見直してやる。
しかしどうせお前らチョーセン人の事だ。
自分たちに都合のよいところだけ見直すと言うんだろう。
そうは往くか!
全てを白紙にしてゼロベースで見直しだ。

そもそも戦争もしていない日本がチョーセン人に賠償などする謂われはない。
日韓基本条約の請求権協定で支払った無償援助分は現在の金額に換算して全て返済しろ。
技術援助は現在の金額に換算してロイヤリティとして支払え。

日本人や企業が朝鮮半島に残してきた資産も現在の金額に換算して支払え。
それだけで現在の金額に換算すると17兆円ほどになると言うが(笑)

『■朝鮮半島に残した日本の資産■』
(GHQ資料など/1ドル=15円)
昭和20年8月15日時点
 朝鮮半島全体            891.2億円
 北朝鮮                 462.2億円
 韓国                  429.0億円
―――――――
現在価格
 朝鮮半島全体 891.2×190=16兆9300億円
 北朝鮮      462.2×190= 8兆7800億円
 韓国       429.0×190= 8兆1500億円
―――――――
(注)「190」は国内外の企業間取引の価格を測るモノサシである総合卸売物価指数。昭和9年から11年までの平均を「1」とした場合、平成13年は「666」。これを昭和20年の「3.5」で割った数値(日銀調べ)



話はそこからだ。
舐めてんじゃねーぞ!バカチョン!!

だいたいこのスコットと言う人物は何を言っている?
チョーセン人に「韓国人は自信を持って歴史問題から自ら脱することが可能だ」などと言う物言いが通用すると思っているのか?
奴らは勝手に都合よく脳内変換して「米国も自信をもって日本に請求しろと言ったニダ」と解釈するに決まってるだろうがアホ!
「過去の事はさっさと忘れて米国のために働け」となぜ殴りつけん?

お前ら米国人が冷戦構造の中でチョーセン人を甘やかすからこうなったんだろう。
お前らがそう言うなら日韓基本条約などいつでも見直してやる。
それで20年は紛糾して「日米韓」三角同盟どころの騒ぎじゃなくなる。
完全に日韓は破綻し未来永劫協力し合う事などなくなるだろう。
米国の都合のよいようになると思うなよ!
このアホヤンキーめ!

なにが「両国には共通の価値観や『生まれながらにしての同伴者(natural partner)』と言える楽観的な要素がある」だ?
日本政府は韓国との共通の価値観などないと宣言している。
『日本外務省:韓国と「価値観を共有しない」となぜ今宣言するのか?
2015年04月07日ニューズウィーク』


何故日本が今、宣言するのか、それも判らんようなら日韓関係に口を出すな。
日本人が韓国など見捨てると決めたからに決まってるだろう(笑)
それ以外でこれまでよりランクを落とした表現になどするかボケ!

日本とチョーセン人が「生まれながらの同伴者」だったこともない。
近代史での日本とチョーセン人との付き合いなど明治に入ってからの話だ。
お前ら米国人は考える力がないのか?

韓国人が日本に心からの謝罪を要求するのが判る?
日本は何度も謝罪している。
大統領が変わるたびに「まだ足りない」と言って蒸し返しているのはバカチョンたちだ。
『韓国と慰安婦交渉する日本、最大の不満はゴールポストが動くこと
2014年12月18日中央日報日本語版』


だいたいチョーセン人たちは謝罪が欲しい訳じゃない。
「最後は金目」だ・・・そんな事も判らんで何が謝罪だ。
謝罪などしてみろ、そら見たことかと次から次へと賠償を要求してくる。
現に戦時徴用問題や、お前らが落した原爆被害まで日本に請求している。

お前らも日本と原爆の謝罪と補償問題について話し合ってみるか?

もちろんゴールポストは日本人がそのたびに移動させてやるがな!



FC2 Blog Ranking

国際政治・外交 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

知韓派 なんて人がいたんですね いくら貰ったか知りませんが そのうち災いに見舞われて生涯悔やむことに・・・
思えばあの国と出会ったことが災難であった なんて(笑)

Re: No title

> 知韓派 なんて人がいたんですね いくら貰ったか知りませんが そのうち災いに見舞われて生涯悔やむことに・・・
> 思えばあの国と出会ったことが災難であった なんて(笑)


こんばんは。

何処の国にも利用できる人間はいるものですよ。
日本にも金を渡さなくても韓国の代弁をしてくれる奇特な政治家や元政治家がいますからw
プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。