スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月6日・・・2度と過ちは繰り返しません

8月6日・・・2度と過ちは繰り返しません

2015.8.6

70年前の本日、広島に原爆が投下され広島市の人口の半数近くが犠牲になった。
正確に言えば、あと1時間ほど後の事だ。
そして3日後には長崎にも投下され大勢の罪なき人が犠牲になった。

原爆と言う兵器の是非について語っても亡くなった方々が帰って来る訳でもない。
改めてただただご冥福を祈るばかりだ・・・合掌。

広島の石碑に刻まれているように、日本政府は「2度と過ちを繰り返しては」いけない。
結局のところ大東亜戦争の原因は「世界からの孤立」だ。

平和を守るために、ただ一人の日本人の血も流してはいけないと言う考え方は間違っている。
平和は自らの努力で勝ち取るものであり、他人から与えられるものではない。
先の戦争で亡くなった方々や、靖国の英霊も、そうは思っていないはずだ。

「安保法案」は戦争法案ではない。
日本が再び世界から孤立する事のないよう、世界平和のための国際貢献を目指した法案だ。
自分たちさえよければよいと言う考え方は、戦前の帝国主義と大差ない。
日本は善良なアジアの国々とともに歩むべきだ。

これまでは米国の庇護のもと「平和と唱えていれば」平和を維持できた。
しかし現在は、悪意を持って他国を侵略する意思と能力のある国がいる。
その現実を直視しなければならない時だ。



FC2 Blog Ranking

国際政治・外交 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

平和を守るために、ただ一人の日本人の血も流してはいけないと言う考え方は間違っている。
平和は自らの努力で勝ち取るものであり、他人から与えられるものではない。
先の戦争で亡くなった方々や、靖国の英霊も、そうは思っていないはずだ。

「安保法案」は戦争法案ではない。
日本が再び世界から孤立する事のないよう、世界平和のための国際貢献を目指した法案だ。
自分たちさえよければよいと言う考え方は、戦前の帝国主義と大差ない。
日本は善良なアジアの国々とともに歩むべきだ。


↑素晴らしい!!全くその通りだと思います。
この日を迎えると何時も思うのですが、1週間前に日本が戦争をやめてたら
アメリカは原爆を落としてなかったでしょうか?

あの当時のアメリカ国民の感情を考慮した時に戦争をギブアップすると言ってても
私は実験を含め間違いなく投下はされてたでしょうね?

戦争で犠牲になった全ての人達と英霊に心を籠めて合掌と敬礼をささげたいと思います。

No title

ヤルタの密約でドイツの降伏から数か月内にソ連の対日参戦が決まりましたが、この時の大統領はルーズベルトです。アメリカではワシントンに次ぐカリスマ的な大統領ですが、彼はソ連の脅威を軽視しすぎたお花畑なところがあります。ところが彼は4月末に死亡するので、ドイツ降伏時の大統領はトルーマンに代わっています。トルーマンは、チャーチル首相と同じくソ連の脅威を理解している。このトルーマンの課題は2点です。国内的にはヨーロッパ戦線から兵士が帰還し始めているので、アジア太平洋に派遣されている兵士の家族から自分の夫や息子を早く帰還させろという声が大きくなったことに対する対応、国際的にはソ連の対日参戦前に戦争を終わらせて、戦後世界でのソ連の影響力を排除することです。いわば、ルーズベルトのお花畑の後始末。

原爆はこのような冷徹な政治構造の産物です。
日本は少なくとも広島の時点で降伏すべきでしたね。それなら長崎の犠牲は避けられたし、シベリヤ抑留や北方領土などソ連の卑劣な犠牲になることもなかった。共産主義など所詮、この程度のものですよ。

それはともかく、原爆の犠牲者の方々に合掌。

No title

こういう問題はあまりチャチャを入れるわけにもいけませんので
静かに亡くなった方の冥福を祈ります。合掌

Re: No title

> 平和を守るために、ただ一人の日本人の血も流してはいけないと言う考え方は間違っている。
> 平和は自らの努力で勝ち取るものであり、他人から与えられるものではない。
> 先の戦争で亡くなった方々や、靖国の英霊も、そうは思っていないはずだ。
>
> 「安保法案」は戦争法案ではない。
> 日本が再び世界から孤立する事のないよう、世界平和のための国際貢献を目指した法案だ。
> 自分たちさえよければよいと言う考え方は、戦前の帝国主義と大差ない。
> 日本は善良なアジアの国々とともに歩むべきだ。
>
>
> ↑素晴らしい!!全くその通りだと思います。
> この日を迎えると何時も思うのですが、1週間前に日本が戦争をやめてたら
> アメリカは原爆を落としてなかったでしょうか?
>
> あの当時のアメリカ国民の感情を考慮した時に戦争をギブアップすると言ってても
> 私は実験を含め間違いなく投下はされてたでしょうね?
>
> 戦争で犠牲になった全ての人達と英霊に心を籠めて合掌と敬礼をささげたいと思います。




こんばんは。

お花畑左巻きの連中にも困ったものです。
それでも日本国民である以上、政府は守る義務がある。
9条が何の効果も発揮しないのはISILで証明されているのですが・・。

Re: No title

> ヤルタの密約でドイツの降伏から数か月内にソ連の対日参戦が決まりましたが、この時の大統領はルーズベルトです。アメリカではワシントンに次ぐカリスマ的な大統領ですが、彼はソ連の脅威を軽視しすぎたお花畑なところがあります。ところが彼は4月末に死亡するので、ドイツ降伏時の大統領はトルーマンに代わっています。トルーマンは、チャーチル首相と同じくソ連の脅威を理解している。このトルーマンの課題は2点です。国内的にはヨーロッパ戦線から兵士が帰還し始めているので、アジア太平洋に派遣されている兵士の家族から自分の夫や息子を早く帰還させろという声が大きくなったことに対する対応、国際的にはソ連の対日参戦前に戦争を終わらせて、戦後世界でのソ連の影響力を排除することです。いわば、ルーズベルトのお花畑の後始末。
>
> 原爆はこのような冷徹な政治構造の産物です。
> 日本は少なくとも広島の時点で降伏すべきでしたね。それなら長崎の犠牲は避けられたし、シベリヤ抑留や北方領土などソ連の卑劣な犠牲になることもなかった。共産主義など所詮、この程度のものですよ。
>
> それはともかく、原爆の犠牲者の方々に合掌。


こんばんは。

一説には広島の次は5日後に原爆を投下すると日本政府に通告があったと言います。
それを2日前倒しで投下したのは、日本が降伏すれば次の実験が出来なくなるからだと。
まあそもそも論を言えば米国と戦争をしてはいけなかったのです。
海軍兵学校では昭和14年ころまでは欧米に卒業航海に往ってましたから、士官は米国の強大さを知っていました。
それでも戦争に踏み込んだのは、やはり戦争指導層の認識に問題があったのでしょう。

Re: No title

> こういう問題はあまりチャチャを入れるわけにもいけませんので
> 静かに亡くなった方の冥福を祈ります。合掌



こんばんは。

それが賢い方法です。
プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。