スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチニュース・・・H2A打ち上げ 初の商業衛星、軌道に乗り成功 日本も本格的に市場参入へ、九工大の有翼ロケット打ち上げ成功 使い回し可能、低コスト化図る、塗るとクルマで発電ができる日本発の太陽電池

プチニュース・・・H2A打ち上げ 初の商業衛星、軌道に乗り成功 日本も本格的に市場参入へ、九工大の有翼ロケット打ち上げ成功 使い回し可能、低コスト化図る、塗るとクルマで発電ができる日本発の太陽電池

2015.11.27

ホワイトの太字は他記事へのリンクです。

『H2A打ち上げ 初の商業衛星、軌道に乗り成功 日本も本格的に市場参入へ』

産経新聞 2015年11月24日

 カナダの通信放送衛星を搭載したH2Aロケット29号機が24日午後3時50分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。
衛星は同8時17分ごろに予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。
国産ロケットが商業衛星を運んだのは初めてで、日本は商業打ち上げ市場への本格参入を果たした。

 H2Aの打ち上げ業務は平成19年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)から三菱重工業に移管。
同社は顧客の衛星を軌道に運ぶ商業打ち上げの事業拡大を目指してきたが、実績が豊富な欧州やロシアに後れを取っており、今回の成功は大きな一歩となった。

 三菱重工業は韓国政府から受注した衛星を24年に打ち上げたが、商業目的の民間衛星は初めて。
衛星運用大手テレサット社の大型静止衛星で、南米、欧州などの通信・放送事業に使われる予定。
打ち上げは警戒区域内で船舶が確認された影響で当初より27分遅れた。

 29号機は性能を高めた改良型の機体を初めて採用。
2段エンジンを3回噴射して従来型より約4時間長く飛行し、衛星を静止軌道の近くに投入した。
H2Aは23回連続の成功で、成功率は96.5%に向上した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000585-san-sctch


祝!H2A改ロケット打ち上げ!
やっと外国の商業衛星の受注に成功し、見事に成功した。
これまでは日本政府の衛星ばかり・・・韓国の衛星もあったか?・・・だったが政府の情報衛星ばかりだった。
日本人は日本の技術に絶対的自信を持っていただろうが、実はそうでもなかった。
2段目のロケット噴射時間が短いゆえに高度が稼げない。
あとは静止軌道まで衛星のロケット噴射で駆け上がっていた。
衛星の寿命が短くなると言う欠点があったらしい。
しかしH2Aを改造する事でそれも克服した。
今回のH2Aの2段目は4時間も飛翔したと言う。
改造したロケットの打ち上げだったので、一抹の不安があったが・・・。
これで外国企業の商業衛星の受注に弾みがつく。
ライバルの米国のファルコン9、ロシアのプロトンMは失敗が続いている。
残るライバルは欧州のアリアンだけだ。
ふぇ~ふぁふぁふぁ~!技術大国日本に不可能はない!
はばたけ日の丸ロケット!
『youtubeH2Aロケット打ち上げ 初の商業衛星を搭載』














『九工大の有翼ロケット打ち上げ成功 使い回し可能、低コスト化図る』

2015年11月20日西日本新聞

 飛行機のように繰り返し飛ばせる有翼ロケットの開発に取り組む九州工業大(北九州市戸畑区)の米本浩一教授(航空宇宙工学)の研究グループは20日、同市小倉南区の平尾台で実験機を打ち上げ、自律飛行にほぼ成功した。
米本教授は「想定した軌道からはそれたが、素直にうれしい。これからデータを分析し、(打ち上げの)精度を高めたい」と話した。

『youtube20151120有翼ロケット』

 同グループは、使い回すことでロケット打ち上げの低コスト化を図る研究を2005年から続けている。
13年6月の打ち上げ実験では上昇後、うまく滑空できずに急降下し、機体を破損。ロケットの制御プログラムの不具合などを改善した実験機を新たに作った。

 実験機は全長約1・7メートル、重さ約40キロ。
この日の打ち上げは、ロケット自身が飛行姿勢などを測定し、修正しながら飛ぶ技術を実証するのが目的で高度約1キロまで達した後、自律飛行し、パラシュートが開いて着陸した。


日本政府主導の宇宙往還機『HOPE』は、完全に研究が頓挫してしまったが・・・。
九工大で地味に研究が続けられている。
これも10年以内には、それらしいものを創るだろう。
日本版スペースシャトルは必ずものになる。
スペースシャトルほどデカイ必要はない。
H2Bの先っちょに載せてポンと打ち上げれればいい。
それで宇宙旅行したい金持ちの物好きを世界中から集めれば良い。
まあシナ人ばかりになるだろうが(笑)
日中友好アル!
研究し続けることが重要だ。
継続は力なり!
はばたけ日の丸宇宙往還機!













『塗るとクルマで発電ができる日本発の太陽電池』

ニュースイッチ 2015年11月23日

「ペロブスカイト」世界各地で効率更新。現在は東大がトップ

 再生可能エネルギーが新境地に入ろうとしている。
日本発の新型太陽電池の研究成果が世界で次々に発表されている。
発明から10年もたたないうちに主流のシリコン系太陽電池に迫るまでに性能が向上しており、将来の太陽光発電産業を背負って立つ“大型新人“となりそうだ。

 日本生まれの新しい太陽電池は「ペロブスカイト太陽電池」。
「ペロブスカイト」という特殊な結晶構造を持つ太陽電池の総称だ。
目新しい構造ではなかったが、桐蔭横浜大学の宮坂力教授が太陽電池として作動することを見いだした。

 宮坂教授は特徴としてまず「光発電の特性に優れる」ことをあげる。
太陽光エネルギーを電気に変える変換効率が太陽電池の性能を示す指標だ。
数値が高いほど少ない面積で多くの電力を生み出せる。
シリコン系ではセルベースで24%超が量産されている。

 宮坂教授が09年に製作したペロブスカイト太陽電池は3%台だった。
それが12年に10%を突破すると世界中で研究に火がついた。
14年には米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のチームが19・3%の成果を発表。
そして15年、韓国化学研究所が20・1%をたたきだし、20%台へ突入した。

 そして先日、東京大学先端科学技術研究センターの瀬川浩司教授らが、エネルギー変換効率21・5%と世界最高値を達成した。今後、太陽電池セルの性能向上などを進め、2020年頃までに同25%超を目指すという。

 理論上は30%が可能とされている。
実際の製作可能性を考えると25%は十分にいけると見られている。
それも「あと1年で25%に届くと言われている」(宮坂教授)という。
研究室レベルではあるがペロブスカイト太陽電池は短期間に半世紀の歴史があるシリコン系と並ぶという驚異的な成長ぶりだ。

 「圧倒的な低コストで製造できる」(宮坂教授)のも大きな特徴であり、世界中の研究者を引きつける魅力だ。
材料そのものが安い。
その材料を基板に塗って製作できるためシリコン系ほど高温を必要する製造プロセスがなく安価だ。

 皿のような器にペロブスカイト太陽電池の材料を載せて高速で回す実験映像がある。
回転するうちに材料が均一に広がり発光が始まる。
照射された光に反応して生み出された電子が発光した。
電子を電気として取り出す配線を施しておくと発電する。この映像でも簡単に作れることがわかる。

シリコン系が苦手な場所で普及する可能性

 ペロブスカイト太陽電池はデビュー前でありながら、従来の太陽電池を変えるような研究成果が次々に公表されている。
まさに「未完の大器」だ。
宮坂教授は実用化されると「シリコン系と競合しない」と話す。
屋根の上や地面はシリコン系が使われ、ペロブスカイト太陽電池はシリコン系が苦手な場所に普及すると見通す。

 例えば軽さを生かし、ビル壁面に貼り付ける太陽電池をつくれる。
フィルムのような柔らかい基板にも塗布できるので曲げ伸ばし可能な太陽電池を製作して曲面にも取り付けができる。
窓を太陽電池にすることも可能だ。

 現在でも「窓発電」はあるが、太陽電池に光が透過する切り込みを入れている。
室内に光を届けられるが、切った部分は発電しないので無駄だ。
ペロブスカイト太陽電池は色を薄くして半透明にもできるので、窓全体を発電に使える。
自動車に塗ると車体を太陽電池にできる。

 課題は耐久性だ。
有機材料を使うため高温に弱い。空気や湿気による劣化も進むため、適切な封止剤を見つけて密閉する必要がある。
「劣化の原因はわかっている。
犯人の物質を他の物質に置き換えればよい」とするように、課題克服の道筋ははっきりしている。
世界の研究者が競い合うように開発を加速させており、実用化の日は近い。


これ凄くないですか?
塗料のように塗ると発電する太陽光発電ですよ。
実用化されれば電気自動車の塗装は言うに及ばず、日本中のビルの塗装をこれでやれば自然エネルギー問題は解決だわさ(笑)
結晶は目新しいものではなかったが日本人が発電できることを発見した。
そして現在のところ日本がその技術で最先端を走っている。
韓国も研究しているんですね・・・見直したわ(笑)
まあ韓国と言う国は目先金になりそうな、こういうものには力を入れる国だ。
つい先日「日本人はエライ!」と言うホルホルをした。
『日本人はエライPart1・・・『日本で“ノーベル賞級”の施設が完成、重力波の観測に挑戦=韓国ネット「ノーベル賞受賞者が100人を超える日も近い」「韓国はなぜまねしない?」』
Record China 2015年11月5日』

1日で2回もホルホルしたからね(笑)
『日本人はエライPart2・・・『東大が「ほぼ破壊不可能なガラス」を開発。割れないスマホができるか』
2015/11/9TRIVIALニュース』

もう一度ホルホルしておこう。
「日本人はエライ!」
これは何としてでも変換効率30%を達成し日本で「特許」を取って欲しいな。
何度も言うが、韓国と言う国は目先金になる研究には政府援助で力を入れますから。
日本人が発見し韓国人に特許を取られたら悔しいでしょう(笑)



FC2 Blog Ranking

国際政治・外交 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

使い回し可能なロケットとは恐ろしい。チョンがウリの技術を盗んだニダ、謝罪汁、賠償汁と大騒ぎ。

Re: No title

> 使い回し可能なロケットとは恐ろしい。チョンがウリの技術を盗んだニダ、謝罪汁、賠償汁と大騒ぎ。



おはようございます。


打ち上げたのは日本ですが?
「チョッパリがウリの技術を盗んだニダ」でOK?
すぐにチョンが先に出てくるんだからwww

No title

「使い回す」という発想というか、技術というか・・・

通信の具合、あまり良くないですね。アクセスできたり、できなかったりと。

No title

塗料のように塗ると発電する太陽光発電ですよ。

↑私の友人(ニュージーランド在住の日本人)約10年程前から
キャパシタの研究をしてる人とタッグを組みキャパシタの開発と共に
同じ様な塗料の事を言ってました。

そこで車の塗装にその塗料を使いながらキャパシタで電気を蓄電すると
発電しながらどこまででも走れる車が出来ると言う事で、当時私が繋がりがあった
日野自動車の開発部長を彼に紹介した事がありましたけど、ついに完成したんですか?

凄い事だと思いますね!!

Re: No title

> 「使い回す」という発想というか、技術というか・・・
>
> 通信の具合、あまり良くないですね。アクセスできたり、できなかったりと。


こんにちは。

エー?全体的にそうなんですか?
うちのモデムはイカレたに違いないと思うんですが?

Re: No title

> 塗料のように塗ると発電する太陽光発電ですよ。
>
> ↑私の友人(ニュージーランド在住の日本人)約10年程前から
> キャパシタの研究をしてる人とタッグを組みキャパシタの開発と共に
> 同じ様な塗料の事を言ってました。
>
> そこで車の塗装にその塗料を使いながらキャパシタで電気を蓄電すると
> 発電しながらどこまででも走れる車が出来ると言う事で、当時私が繋がりがあった
> 日野自動車の開発部長を彼に紹介した事がありましたけど、ついに完成したんですか?
>
> 凄い事だと思いますね!!


こんにちは。

キャパシタが商品化されるのはまだまだ先でしょう。
しかし塗料は実現しました。
発電量が走行エネルギーと同等になれば、まさに永久エネルギーでしょう。
半分でもこれまでの電気自動車の倍の走行距離が得られる計算ですからね。
日本の塗料メーカーが本腰入れて研究するんじゃないでしょうか。

No title

キャパシタは既に10年前に商品を作ってインドネシアの公園などに
売ってましたよ!商品は道路の真ん中にある中央線に埋め込んだ様な物とか
街燈にしてました。

ニュージーランドに行った時に電気が空っぽの髭剃りにキャパシタを繋いで
約2秒でフル充電されたのを見て私は驚きました。

キャパシタと今回の塗料がペアーになれば凄い事ですね!

Re: No title

> キャパシタは既に10年前に商品を作ってインドネシアの公園などに
> 売ってましたよ!商品は道路の真ん中にある中央線に埋め込んだ様な物とか
> 街燈にしてました。
>
> ニュージーランドに行った時に電気が空っぽの髭剃りにキャパシタを繋いで
> 約2秒でフル充電されたのを見て私は驚きました。
>
> キャパシタと今回の塗料がペアーになれば凄い事ですね!



こんにちは。

ヘーそうなんですか?
知らなかったな。
プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。