スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国独自開発のロケット、来年12月に試験打ち上げへ

韓国独自開発のロケット、来年12月に試験打ち上げへ

朝鮮日報日本語版 2016年2月1日

 韓国の技術のみで開発する初の宇宙ロケットが来年末に試験的に打ち上げられる。
韓国でのロケット打ち上げは、2013年1月30日の羅老号(KSLV-1)の3回目打ち上げ以来となる。

 韓国航空宇宙研究院の趙光来(チョ・グァンレ)院長は先月28日、南部・全羅南道高興郡の羅老宇宙センターで記者懇談会を行い、「衛星打ち上げと月探査に向けて開発中の韓国型ロケット『KSLV-2』のエンジンテストのため、来年12月に羅老宇宙センターから試験用ロケットを打ち上げる計画だ」と明らかにした。

 この韓国型ロケットは2010年から総額1兆9572億ウォン(現在のレートで約1960億円、以下同じ)を投じて開発が進められており、搭載重量1500キロ、全長47.2メートルの3段式。
高度600-800キロの軌道に衛星を投入できるようにすることが目標だ。
2020年に月探査機と月面着陸機を月に送るのにも使われる。

 試験用ロケットは、本来3段からなるロケットのうち、一番下の1段目を除く2段目と3段目のみで構成される。
試験用とはいえ、大気圏を抜けて高度229キロまで打ち上げられる初の韓国産宇宙ロケットだ。
「韓国型ロケットの中核となる75トン級エンジンと7トン級エンジンの性能を点検する」(趙院長)という。

 航空宇宙研究院は現在、羅老宇宙センター内に試験場を設けてエンジン燃焼試験を行っている。
開発に5025億ウォン(約504億円)が投じられた羅老号は中核となる1段目ロケットをロシアから輸入したが、今回の韓国型ロケットは全体を韓国の技術で開発する。
航空宇宙研究院のハン・ヨンミン・エンジン試験評価チーム長は「大量生産される一部の部品やセンサーを除き、全て韓国の研究陣が製作する」と説明している。
開発には150人余りの研究者とハンファテックウィンなどの企業が参加している。
http://urx.blue/rNY0








ホワイトの太字は他記事へのリンクです。







韓国定例の「お正月宇宙物語」の記事が。

しかし韓国政府は律儀ですな・・・毎年12月末から1月にかけ「お正月宇宙物語」を発表しますね。
もう毎年の事なので、またかと言う感がないでもないですが、今年は少し様相が違う。
いつもの年は壮大な計画の発表にとどまってましたが、今年は具体的です。

具体的ですが2016年の年初に2017年12月の話ですから(笑)
いつもの飛ばし記事だと思ってもいいのかな?

実は今年の分は昨年12月31日に既に発表しているんですね。
『韓国、月探査計画来年から本格施行…2018年に月探査衛星打ち上げを目標
2015年12月31日中央日報日本語版』


大晦日の記事ではいつの間にか月探査衛星の打ち上げは2018年に2年前倒しになっていた。
2段階目標で遅くとも2020年には打ち上げるとの記事でしたがね?
この記事ではまた2020年になってる(笑)

2018年と言ってみたり2020年と言ってみたり。
はたまた、「打ち上げはNASAに依頼するニダ」と言ったかと思えば

『今さら月探査機の打ち上げとは』
:
2014/12/07 朝鮮日報

>現在NASAの関心は月から火星へと移行しつつある。
月探査は「何を今さら」と思われる領域なのだ。
閉鎖を考えていた月探査部署に韓国という顧客が現れたのだから、NASAとしては棚からぼた餅も同然だ。

NASAが製作した探査機に太極旗のマークが付けられることだろう。
発射体(ロケット)も韓国製ではなく、他の国のものになる。
これはすでに国家間の契約が済んでいる。



この記事では完全に自国のロケットで打ち上げることになっている。

韓国の技術担当者は「2018年はムリ」と言い続けてるんですが・・・。
クネ大酋長が無理やり第一段階目標を2018年に押し込んだという事でしょう。
抗しきれない技術陣が「それじゃ努力目標で良いニカ?」と言う妥協をしたんでしょうな。
努力目標なら発表するなよ・・・発表するごとに違うだろうが!ややこしい。
2018年だろうが2020年だろうが、どうせその時の大統領はクネ大酋長じゃないんだから(笑)

まあ韓国も羅老号打ち上げはロシアに頼りっきりでしたが、何もしていない訳ではない。
実はウクライナから推力30級エンジンを手に入れ、それを75トンにスケールアップするための研究を続けていたようです。
でも成功すれば必ずウリナラマンセー記事が出る韓国で、75トン級エンジンの記事など出たことが無い。
よほど細々とやってるんでしょう。

何しろ燃焼試験場すら完成していませんからね。
まあ昨年7月の記事では2016年6月までに75トン級エンジンの燃焼試験をすると言うことでした。
だから、それまでには完成させるのかな?

この記事で言う「純国産ロケット」は「KSLV-II」と呼ばれている。
前に成功した羅老3号は「KSLV-Ⅰ」ですね。

記事では2段目と3段目の事しか出ていません。
「一段目はどうすんだよ」などと一人で突っ込みを入れましたが。

どうも来年12末に75トン級エンジンの打ち上げに成功したら、そのエンジンをクラスター化させて1段目に使用するようですな。
つまり75トン級エンジンを2~3基束ねるわけです。

しかし2段目が液体燃料エンジンの75トン級なら重量が嵩みそうですね。
韓国が純国産だと言っている固体燃料の推力9トンで写真の大きさですから。
羅老号は全備重量140トンほどでしたが、1段目のロシアのRD-151エンジンが強烈で推力が190トンほどもあった。
だから外付けの補助ロケットが必要なかったわけです。
ちなみにH2AロケットのLE-7エンジンの推力は110トンほどですからRD-151エンジンの強力さが判ります。
羅老号 ロケット ロシア製

羅老3号はペイロード100Kgしかありませんが、月探査衛星ははるかに重いでしょうね。
1段目をクラスター化した75トン級エンジンで、2段目はそのエンジンを1基、3段目もありますからね。
とても140トンじゃ収まらないでしょう。

さらにエンジン開発が成功したからと言って、簡単に「よし2~3本束ねると1段目完成ニダ」とは往かないんじゃないかな?
JAXAがH3ロケット構想を発表しましたが、新型のLE-9エンジンを開発して、やはり2~3基搭載するそうです。
クラスター化がそんな簡単なものだったらJAXAも苦労しないでしょうしね(笑)

結局、1段目エンジンの構想は75トン級エンジンの開発が成功してから。
そこから1段目エンジンの開発になる訳でしょうから・・・。
2017年末に75トン級エンジンを完成させて、2018年までに1段目も完成させて・・・。
計画通りロケットの打ち上げが出来るでしょうかね?
ポジティブな人たちだから、75トン級エンジンの燃焼試験が成功すると言う前提だし。
ひょっとしてやはり1段目のパワー不足で、固体燃料補助ロケットブースターが必要になったりして。
そうするとまた打ち上げが延びる?

やはりお正月恒例の、宇宙物語のようですね(笑)
でもまあ今までよりは具体的・・・計画をしっかり立て着実に努力することはよい事です。

開発陣はクネ大酋長の功名心など無視して、着実な開発に努めたほうが良い。
韓国政府は金科玉条のように2020年に拘ってますが、あれ東京五輪にぶつけようと言うだけですから(笑)
世界の注目を浴びたいなら2021年にしたほうが、もっと注目を浴びると思いますけどね。

韓国の「KSLV-II」開発技術陣の成功を祈ってます。



FC2 Blog Ranking

国際政治・外交 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昔は「圭子の夢は夜開く」でしたけど、なんですか?最近では
韓国の夢は夜開くと言うタイトルにでも変わったんでしょうか?爆

ロケットよりも先ずは戦車のパワーパックを先に完成させようよ!
それが済んだら戦闘機の自国開発をしようよ!
それが済んでからロケットに行こうよ!!

えっ!戦車のパワーパックは永遠のテーマやってか?
それじゃロケットは夢のまた夢で終わりそうですね!爆

Re: No title

> 昔は「圭子の夢は夜開く」でしたけど、なんですか?最近では
> 韓国の夢は夜開くと言うタイトルにでも変わったんでしょうか?爆
>
> ロケットよりも先ずは戦車のパワーパックを先に完成させようよ!
> それが済んだら戦闘機の自国開発をしようよ!
> それが済んでからロケットに行こうよ!!
>
> えっ!戦車のパワーパックは永遠のテーマやってか?
> それじゃロケットは夢のまた夢で終わりそうですね!爆



こんばんは。

韓国の夢は正月開くw
まあパワーパックは一応完成させましたけどね。
でも性能試験にパスしないので、テストの基準を落として合格させたw

No title

韓国のロケットは完成すると北より危険ですね 打ち上げるとどこへ落ちるか予測不可能(笑)

Re: No title

> 韓国のロケットは完成すると北より危険ですね 打ち上げるとどこへ落ちるか予測不可能(笑)


こんばんは。

落ちるならシナ様の方へ飛んでって貰いたいですねw
プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。