スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セウォル号船員が退船命令を出さず逃走した理由が判明

セウォル号船員が退船命令を出さず逃走した理由が判明

ハンギョレ新聞 2016年3月13日

ハンギョレ21が参加した「真実の力セウォル号プロジェクト」15万ページと3テラバイトの資料を分析

大法院も見逃したセウォル号「最後の交信」発掘
 2014年4月16日午前9時40分、沈没する船から逃走する直前のセウォル号船員の最後の交信が公開された。
船が傾き沈没している時、セウォル号との交信を維持していたのは珍島海上交通管制システム(VTS)のみとされていた。
しかし、ハンギョレ21が参加した「真実の力、セウォル号記録チーム」は済州(チェジュ)運航管理室もセウォル号との交信を維持しており、1等航海士のシン・ジョンフンが9時40分に「乗客は450人なので警備艇一隻では(救助に)足りないと思う」と話していたことが初めて確認された。
それがセウォル号が外部と交わした最後の交信だった。
この内容は裁判、検察捜査、監査院調査でも一度も公開されたことはない。
交信直後の9時45分、甲板部の船員など10人がセウォル号の操舵室から脱出した。
当時セウォル号の船内では「現在の場所で安全に待ち、これ以上外に出て来ないように願います」という案内放送が流れていた。

済州運航管理室「セウォル号、セウォル号、海運済州、感度ありますか?」

セウォル号「はい、セウォル号です」

済州運航管理室「ひょっとして警備艇、P艇、警備艇到着していますか?」

セウォル号「はい、警備艇一隻が到着しました」

済州運航管理室「はい、現在の進行状況をちょっと教えてください」

セウォル号「はい、何ですか?」

済州運航管理室(別の担当者が電話を代わって受け取り)「はい、○○さん、現在の進行状況をちょっと教えてください」

セウォル号「はい、警備艇が一隻到着し、今救助作業をしています」

済州運航管理室「はい、今P艇は係留していますか?」

セウォル号「はい、今警備艇がそばに来ています。 そして今乗客が450人なので、今の警備艇に乗り移るには足りないので、追加で救助に来なければならないようです」

済州運航管理室「はい、よく分かりました。今船体は傾いていないですね?」

セウォル号 (応答なし)

 最後の交信を通じて、セウォル号の船員らが乗客に対して退船命令を出さずに操舵室から逃走した理由が明らかになった。
乗客に退船を命令すれば船員の脱出順序は後にならざるを得ず、事故現場に到着した100トン級の警備艇では船員を含めて「総人員500人程度」を救うことは不可能に見えた。
救命ボートも降ろせなかった状況で、操舵室にいた甲板部の船員など10人のうちライフジャケットを着用していたのは3人だけだった。
「当時の状況から見て、もし乗客と船員が一度に海に飛び込めばライフジャケットを着用していない船員の中から死亡者が出る可能性があった」。
「非常に危険」で「死んでもおかしくない」状況だった(2014年5月8日のシン・ジョンフン第6回被疑者尋問調書)。
乗客が海に先に脱出して自分たちが“救助”される機会が失われないように、セウォル号の船員らは退船命令を出さずに小型警備艇に逃走したと見られる。

 大法院(最高裁)はセウォル号の船長に対してのみ殺人罪を認めた。 他の甲板部船員には殺人の故意を認めなかった。 しかし、セウォル号の船長だけでなく他の船員も乗客を見捨てて逃走した責任を厳重に問うことができる真実の一片が、新たに明らかになった。
乗客に退船を命令すれば船員の脱出順序は後にならざるを得ず、事故現場に到着した100トン級の警備艇では船員を含めて「総人員500人程度」を救うことは不可能に見えた。
救命ボートも降ろせなかった状況で、操舵室にいた甲板部の船員など10人のうちライフジャケットを着用していたのは3人だけだった。
「当時の状況から見て、もし乗客と船員が一度に海に飛び込めばライフジャケットを着用していない船員の中から死亡者が出る可能性があった」。
「非常に危険」で「死んでもおかしくない」状況だった(2014年5月8日のシン・ジョンフン第6回被疑者尋問調書)。
乗客が海に先に脱出して自分たちが“救助”される機会が失われないように、セウォル号の船員らは退船命令を出さずに小型警備艇に逃走したと見られる。
(以下略)
http://urx.mobi/sDtG







ホワイトの太字は他記事へのリンクです。






無駄に長い記事なので後ろ3分の2はカットしました。

記事は長いが大した事は言っていない。
4行に要約すれば。
・船員が乗客を見捨てた理由が判明した。
・当時警備艇が1隻しか到着していなかった。
・乗客を優先すれば船員たちの救助される機会が失われるから乗客を船内にとどめて自分たちが先に逃げた。
・船長だけに殺人罪が適用されるのは不適当であり、見捨てた船員にも殺人罪が適用されるべきである。
まことにチョーセン人らしく狷介で猜疑心の塊のような記事だ。

警備艇が一隻では足りないと言う無線交信の記録のみをもって「船員が助かるために乗客を見捨てた」と結論付けている。
まあチョーセン人がそう思えば「それが動かぬ証拠」なんだろう。

むやみにハンギョレを非難するものでもない。
チョーセン人なら「さもありなん」と言う気持ちがどこかにある。

しかし船員全員が自分たちが助かるために450人の乗客を見捨てる決断をするものであろうか?
いや見捨てるのではなく自らが助かるために乗客を船室に閉じ込めて殺す決断をしたことになる。

しかし小説にしか出てこないような卑怯な振る舞いをするのはいつもチョーセン人だ。
2014のW杯でも、
『【W杯】韓国戦でアルジェリア選手にレーザーポインター ネットで批判殺到
産経新聞2014年6月23日(月)12時18分配信 』


2014年に行われた次とその次のW杯開催地を巡って鄭夢準は英国との密約を裏切ってロシアに投票した。
『これがサッカーだ・・W杯誘致を巡る韓国の裏切り行為に英国が唖然、韓国ネット「名言認定されそう」「韓国政治家の約束を…」
XINHUA.JP 2014年12月2日』


2013年のサッカー東アジア杯でも、
『騙されるなシバキ隊在日の仕業だ!・・・日韓戦で旭日旗を振った男性 「試合に勝ったので後悔ない」
NEWS ポストセブン 2013年8月3日』

この在日は日本を貶めるために「事前に韓国サポーターと示し合わせていた」と言うから驚く。

チョーセン人の卑怯な振る舞いはこれまで散々見て来た。
しかしそれでもアタシには韓国船員が、自分たちが助かるために「450人の乗客を殺す」決断をした外道ばかりとは思えない・・・。
ハンギョレの方がアタシよりチョーセン人の本質を理解していると言う事か?

ハンギョレに比べればアタシなど良心的日本人だ。



FC2 Blog Ranking

国際政治・外交 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これは本当に人災ですね!
まぁ韓国と言う国に生まれた事を後悔して下さい。
中国と言い韓国と言い人命の安さに驚きますね~?

これで先進国だ!って言い張るんですから・・・
まぁそれも都合の良い時だけですけどね!爆

Re: No title

> これは本当に人災ですね!
> まぁ韓国と言う国に生まれた事を後悔して下さい。
> 中国と言い韓国と言い人命の安さに驚きますね~?
>
> これで先進国だ!って言い張るんですから・・・
> まぁそれも都合の良い時だけですけどね!爆


こんにちは。

さっき戴いたコメントに同じですね。
犬も人間も半島に生まれただけで罪なんでしょうねw

No title

こういう記事を見ると さもありなん と思わせるところがあの民族の特性ですね
思えば日帝35年 結果は大法則発動して全くの徒労でした。

Re: No title

> こういう記事を見ると さもありなん と思わせるところがあの民族の特性ですね
> 思えば日帝35年 結果は大法則発動して全くの徒労でした。


こんばんは。

さもありなんと思いますよねw
Kの法則を最初に被ったのが日本と言う訳ですw
プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。