fc2ブログ

インタレスト・カバレッジ・レシオが1未満の企業がザックザク・・・大企業27社がワークアウト…13社は法定管理対象=韓国

インタレスト・カバレッジ・レシオが1未満の企業がザックザク・・・大企業27社がワークアウト…13社は法定管理対象=韓国

2013年07月11日09時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

銀行からの借入金を返済できない大企業40社(貸出・支払い保証など信用供与500億ウォン以上)が整理される。

金融監督院は10日、「2013年大企業信用危険定期評価」の結果を公開し、「業種別に建設20社、造船・海運3社、鉄鋼・石油化学2社、その他の業種15社が不良等級のC・D等級を受け、構造調整リストに入った」と明らかにした。

C等級企業は債権団とのワークアウト(企業財務構造改善作業)約定で経営正常化を推進し、D等級企業は正常化や法定管理(企業回生手続き)を選択しなければならない。C等級は建設14社、造船・海運2社、鉄鋼・石油化学1社など27社。D等級は建設6社、造船・海運1社、鉄鋼・石油化学1社など13社。

キム・ジンス金融監督院企業金融改善局長は「ぜい弱業種の建設・造船の影響で、の関連業種の鉄鋼・セメント企業が新たに構造調整対象に入った。建設の中にはゴルフ場・リゾート企業が7社、太陽光企業2社が含まれている」と話した。

金融機関が構造調整対象企業に貸し出した金額は計4兆5000億ウォン。これら企業の構造調整に対応し、金融機関が必要とする貸し倒れ引当金は6803億ウォンと予想される。
http://japanese.joins.com/article/737/173737.html?servcode=300§code=300



世界の大企業2000社なら韓国企業は39社。

それならすべての大企業がアウトと言う計算に(笑)
まあ大企業の括りが違うのだろう。
4月にはこう言う記事もあった。

【韓国経済】上場企業の3割が銀行金利も支払えない韓国
2013/04/08朝鮮日報
LG経済研究院が12月決算の上場企業1510社を対象に昨年の業績を分析したところ、
売上高上位10位までの企業の営業利益が上場企業全体の利益に占める割合は50.8%と
半分を上回っていた。これは2010年の36.5%、11年の41.6%と比べ非常に高い数値だ。
営業利益だけで銀行の利子を支払えない企業の割合も11年には27.7%だったのが、12年には31.6%にまで増えた。
つまり大企業はより多くの利益を出している一方、それ以外の企業
のほとんどは収益が徐々に悪化しているというわけだ。
 大企業の中でも、トップクラスとそれ以外の格差が広がっている。韓国経済は上場企業全体
の利益の80%が10大企業グループによるもので、中でもサムスン・グループが大きな比重を占め、
またその中でもサムスン電子1社がほとんどの利益を出す構造になっている。
 韓国経済はごく少数の大企業、もっとはっきり言えばサムスン電子1社の業績に大きく左右
される、非常に偏った構造となっている。
(リンク切れ)
http://www.chosunonline.com/site/data/
html_dir/2013/04/08/2013040800372.html


営業利益中の利払への比率を「インタレスト・カバレッジ・レシオ」と言いますがね。
「営業利益÷利払い費用」です。
1を下回れば、営業利益で利払いが出来ない会社と言う事になります。
まあ早い話が「潰れかけの会社」と言う事です。
それが上場企業の「31.6%」と言う事は、上場企業の3割以上が潰れかけの企業と言う事に。

さらに建設業界だけで調査すると昨年5月の調査では・・・韓国の建設業上位100社のうち、ほぼ半数が営業利益で利払い費用も賄うことが困難なほど、経営難にあえいでいることが分かった・・・と言う悲惨な状態に。

韓国の建設会社、半数が利払いに苦慮
2012/5/8朝鮮日報
韓国の建設業上位100社のうち、ほぼ半数が営業利益で利払い費用も賄うことが困難なほど、経営難にあえいでいることが分かった。また、現在債権団主導の経営再建(ワークアウト)や企業再生手続きを進めている建設会社21社は、1社当たり平均で1300億ウォン(約92億円)、総額2兆7000億ウォン(約1900億円)の赤字を出しており、経営正常化への道は険しいのが現状だ。
 本紙はこのほど、施工能力評価額上位100社のうち、資料がないか、データ把握が不可能な16社を除く84社を対象に、昨年の財務諸表を分析した。
その結果、企業の金利負担能力の指標となるインタレスト・カバレッジ・レシオが1未満の建設会社が39社(46%)もあることが分かった。
2010年の32社よりも7社増えた。
インタレスト・カバレッジ・レシオは、営業利益を利払い費用で割った数値で、1を下回れば、営業利益で利払いを賄えないことを示している。
100社の平均は0.65で、韓国の上場企業の平均(4.67)に比べると、7分の1にとどまっている。
 また、建設会社の多くは、利払い能力が低下しているにもかかわらず、債務を増やしていることが分かった。100社の債務総額は昨年末現在で約89兆ウォン(約6兆3000億円)。1年前よりも約2兆ウォン(約1400億円)増えた。これにより、平均負債比率は192.7%から193.3%へと上昇した。上場企業の平均負債比率は134.4%となっている。
(リンク切れ)
http://www.chosunonline.com/svc/auth/index_
login.html?contid=2012050700851&code=news


まあ建設会社の赤字は、採算度返しでダンピング受注しているからです。
理由はハッキリしていてもダンピング以外では韓国の建設業者が海外で受注することは困難ですからね。
だからUAEなどには原発建設受注条件に60年間の運転保証などと言う馬鹿げた条件で受注した。

インフラ輸出、日本は本当に負けたのか
無謀な受注こそ「敗北」
2011年2月9日(水)日経ビジネス
UAEプロジェクトの入札価格は日仏の各320億ドルに対し、韓国勢は200億ドルだったと
言われる。1兆円近い安値を提案したことに加え、60年間にわたって原発の運転を保証する
という条件が韓国勢落札の決め手になったと言われる。だが、ここにきて「破格の条件を
提示し過ぎたとの思いから、トルコやヨルダンでは慎重な姿勢を保つようにしているのでは
ないか」と大手プラントメーカー幹部は分析する。
http://business.nikkeibp.co.jp/article
/manage/20110207/218330/?P=2


結局トルコにも足元を見られて「同じ条件にしろ」・・・じゃなきゃ安全な日本製にするべー。
そう言われてしまった(笑)
まあ良いんじゃないでしょうか・・・そのうち企業に対する「徳政令」が出る。
貧乏国民が肩代わりしてくれ・・・企業の借金はチャラ。

韓国企業の現住所や経済構造が良く解る記事です。
ダンピングしなければ売れない製品に加え、財閥への一極集中。
何しろ一説ではサムスングループの総売り上げがGDPの30%を占める。
サムスングループ15社の株式時価総額が韓国株式市場全体の約30%を占める。
http://n-seikei.jp/2013/02/3030.html
さらにサムスンの輸出は韓国の全輸出量の21%ほどもある。

まあアタシが韓国経済の心配をする必要もないんですがね。
韓国がつぶれてもアタシの周りに困る人はいない。
サムスンだって困らない・・・外国での生産率を上げれば良いだけですから(笑)

日本と対立してる場合でしょうか・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR