fc2ブログ

中国は領有権問題の平和的解決望む、主権で妥協しない=習主席

中国は領有権問題の平和的解決望む、主権で妥協しない=習主席

ロイター 8月1日(木)4時19分配信

[北京 31日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は31日、国として海洋領有権問題の平和的解決を望んでいるが、主権に関する妥協はあり得ず、国の防衛能力を強化する必要があるとの考えを示した。新華社が報じた。

習首席は共産党政治局の会合で、領有権問題の解決に向け「平和的手段や交渉を用い、平和と安定の保全に努める」とする一方、「国として正当な権利を放棄したり、核心的利益を手放す意図は全くない」と述べた。具体的な国名などには言及しなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130801-00000019-reut-int




良く云いますね。

平和的解決を望むのは、日本の軍事力が一筋縄じゃないから。
さらに日本の背後に米国と言う世界最強の軍事国家がいるからだ。

南シナ海では平和的解決など望んでいるような行動ではない。
相手が強ければ平和を望んでいるようなふりをし国際世論に訴えようとする。
話し合いに応じない日本が悪いと言う印象操作だ。
しかし相手が弱いと見れば軍事力に訴える。
国際的に非難を浴びようが何でもない・・・それが中国共産党政府だ。

こんな国家に妥協は禁物だ。
いくら恫喝しようと日本は動じない。
イザとなれば戦うと言う姿勢を見せてやる事だね。

>領海に入り上陸するという、いかなる試みにも断固たる対処をすると当局に指示している

戦争になっても領土は守ると安倍さんはハッキリ言った。
さらにドアはオープンにされていると言う日本政府の主張を事あるごとに宣伝している。
その点では安倍さんの発言は中国を困らせている。

民主党政権が続いていればどこかで漁船員なり民兵が上陸したに違いない。
そのうえで、引き揚げを条件で領土問題を認めさせるような裏工作をしてたろう。

いま困っているのは中国だ。
戦争はしたくないが、振り上げたこぶしの降ろしどころを間違うと政権が危うい。
国内的にも問題が山のようにある・・・ちょっとした事で反政府運動に火がつく。

日本の対応は「領土問題は存在しない」の一点張りでよい。
相手の面子や国内事情など考慮してやる必要もない。
ヘタな治め方をすると後々また粘着される事になる。

朝日新聞をはじめとする左巻きマスコミは中国と話し合えと言う。
おおかた話し合いで「裏で棚上げ」を確認しろと言うことだろう。
それこそ中国の望んでいる事だ。
日中共同声明を出しても玉虫色になる。

玉虫色は中国にしてみれば100%の勝利だ。
中国は台湾問題で米国との共同声明を三度だしている。
米国は一度も台湾は中国共産党政府のものだと言っていない。
にも拘らず中国国内では「米国が台湾は中国のものと承認した」と言う事になっている。
外国要人の発言や共同声明を意図的に改竄しあるいは誤訳し国内で発表する。
中国国民はそれを信じ、約束を守らない米国は卑怯者で信用できない国になっている。

米国が世界一の軍事強国だから中国は実力行使できないでいるだけだ。
相手が日本なら意図的に改竄・誤訳した共同声明を根拠に実力行使しないとも限らない。
尖閣で話し合い、新たに共同声明を出すと言う事はそう言う危険をはらんでいる。
しかし左巻きマスコミは北の北海道新聞から南の琉球新報まで同じ論調だ。

まあ奴らはシナの代弁者だからしかたない。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hachiman01

Author:hachiman01
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR